中須賀克行『ヤマハ機でこれほど速いと感じたことはない』2017鈴鹿8耐

Pocket

『ナカスガ:ヤマハ機でこれほど速いと感じたことはない』

nakasuga1.jpg


★7月29日(土)、鈴鹿8耐トップ10トライアルでカツユキ・ナカスガ(Yamaha Factory Racing)が首位タイムを記録した(2’06”038)。

★なお、チームメイトはアレックス・ロウズ、マイケル・ファン・デル・マーク。

★ナカスガ選手のコメント。
「もちろん、今日のリザルトには大喜びですよ。R1機で、こんな好調感は初めてですね。スペードも出せてるし、安定して走れるんです。
それにアレックス(ロウズ)の存在が励みになり、全力を尽くすことができました。今週末、互いに情報を交換し合ってたんですが、今日のPPはそのおかげでもありますね。
過去2年間、僕はいつも最後の出走だったんですが、いつも本当にピリピリしてしまって、思ってるような完璧な走りをするのに難儀しました。
今日は落ち着いてたし、すべて作戦通りにいきました。あとはレースのことだけ考えていきます。3連勝を狙うためのものは全て揃ってますから。」

★ロウズ選手も最後までPP獲得を目指して奮闘し、第1〜3セクターまではナカスガ選手より速かったが、最終セクターで0.1秒以上遅れを取ってしまった。

★ロウズ選手のコメント。
「惜しかったですね。最終セクターでいくつか凡ミスをしてしまって。自分のパフォーマンスに100%大満足とは言えないです。
戦闘力が高いことは自覚してます。僕だけじゃなく、チーム全体がね。R1機ですいすい走れるんですよ。トラックに降りるのが待ち遠しいですね。明日は大変なレースになるでしょう。予想のつかないレースだが、僕らの胸にあるのは勝利の二文字だけですから。」

(2017年07月29日『Gpone』記事参照)


ナカスガさ〜〜〜ん♡

いいね!Prego

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top