イアンノーネ後追にマルケス騙し討、イアンノーネが鍵?他:予選考察2017フィリップアイランドGP

Pocket

『フィリップアイランドGP予選後、考察』

-gp-9617-jpg-2-gallery-full-top-fullscreen.jpg


★10月21日(土)フィリップアイランド予選の結果を受け、ジョヴァンニ・ザマーニ記者(イタリア衛星放送『SKY』レポーター)が質問に答えた。

【なぜイアンノーネは、最近、強くなってきたのか?】
「特に何も変わっていない。イアンノーネ本人よれば『セッティングでベストなベースが見つかったから』とのこと。
モトGPクラスでは良くあることだが、精神的な問題で違いが生じていると言えよう。ここのトラックでイアンノーネは、自分がかなり速いと感じている。つまり、いつもより信じていられると言う状況が、違いを生み出しているのだ。ただし、疑念は残っていいて、イアンノーネもこう話している。
『レースの間ずっと高い戦闘力を維持できるのか、それとも、10〜12周回で終わってしまうのか…様子を見なければ。その辺が、うちの大きな限界点なんですよ。リアタイヤの消耗具合がね』。」

【予選で、マルケスとイアンノーネの間に何が起きたのか?】
「イアンノーネが良くやるように、スリップストリームを利用すべくマルケスの後追いをしたのだ。イアンノーネは2本目のタイヤでもやるつもりだったようだが、結局、マルケスに騙し討にされてしまった。
マルケスがボックスから出走する振りをすると(※マシンにまたがっただけで出走せず)、イアンノーネはすぐにマシンにまたがりピットレーンを後にした。そこで、マルケスは出走を辞め、イアンノーネがT2セクターまで行ったのを見計らって、今度こそ本当に出走したのだ(下記動画)。」

【ロレンソがFP3で転倒していたが、大丈夫?】
「あまりに激しい転倒だったため、ロレンソは左足を骨折してしまったのではないかと危惧していた。
さいわい、足首に打撲を負っただけで済んだが、FP4も予選1も明らかに痛そうだった。
ロレンソ本人によればレースに影響はないとのこと。ただし、痛み止めの世話にはなるだろう。」

【予選2にドゥカティからは1選手のみ、KTMからは2選手が参加していたが…】
「つまり、ここのトラックでドゥカティ機が1周タイムを出すのは至難の業だと言うことだ。
一方、KTM機の方が楽に出せるのだ。ただし、レースではそうはならないだろう。
しかし、KTM機が大きく成長していると言うことは声を大にして言っておくべきだろう。」

※ホルヘ・ロレンソのコメント。
「予選2にドゥカティから1台しか参戦できなかったのは、ここで僕らは大苦戦していて、ドヴィが違いを出しているってことですよ。」

レースは16時スタートだが、気温低下は問題になりそう?】
「なる。例えば、今日はそうでもなかったが、金曜の16時以降は急激に気温が下がり、転倒の危険が増していた。」

※ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)のコメント。
「16時スタートは最高とは言えないが、もし明日表彰台に上がれたら、素晴らしいと言えるわけで…」

★ザマーニ記者は以下の要素がレースの鍵になると読んでいる。

1、『天候』
あいにく、またもや天候に左右されてしまいそうだ。しかも、今回は天候がコロコロ変わるのだ。45分間の間に快晴から雨、気温低下、混合コンディションとすべてが揃う可能性がある。

2、『スタート』
マルケスがPPスタート、ドヴィツィオーゾがグリッド11位スタートなのだから、第1ラップが最終的な結果の鍵となるだろう。

3、『リアタイヤ』
タイヤ選択は気温にかかってくるだろう。ただし、マルケスはミディアムを、ドヴィはソフトを選ぶようだが。他の選手も含め、このタイヤ選択が最終的な結果の鍵となるだろう。

4、『イアンノーネ』
今回、アンドレア・イアンノーネがタイトル争いにとっての重要なポイントを奪う可能性がある。特に、ドヴィツィオーゾから。

(2017年10月21日『Moto.it』記事参照)


中須賀、青山、野左根選手のイタリア誌による成績・評価とか、イアンノーネ選手のキス話とかは、『note』無料閲覧!!

カモメも鍵ぃぃね!

Ad & Relation Links

, , , , , , , ,

One Response to イアンノーネ後追にマルケス騙し討、イアンノーネが鍵?他:予選考察2017フィリップアイランドGP

  1. hoge 2017年10月22日 at 11:23 AM #

    イアンノーネ、結果を出すためには、何でもやると言う風な捉え方もあるけど、なんとも情けなく見えちゃうねw

    ただ、ファクトリーチームのエースライダーと言われる人には、自力でタイムを出す心意気みたいなものを見せてもらいたいものです

コメントを残す

 

Top