ヴィニャーレス『今度は己の道を往く』2017バレンシアテスト

Pocket

『ヴィニャーレス:今度は己の道を往く』

vinales (4).jpg


★11月14日(火)からのヴァレンシアテストでマーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)が、初日は首位、2日目最終日は5位を獲得した。

★ロッシ選手と同様、2018年版エンジンのテストも行った。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

「2日間のテストだけでは決められませんけどね。
路面が昨日とは異なり、遅くなってしまってたんですよ。両エンジンの違いを探ろうと頑張ったが、セパンテストで確認してみないと。こうパワーが大きいと、新エンジンの方が馬力が上なのか判断しづらくって。テレメータや手応えなんかにも頼らないと。」

【ザルコ選手が2017年版フレームを気に入ってたが…】
「僕は2016年版の方が良いんです。でも、ライディングスタイルが違うから、比較しにくいですよね。今も言ったけど、たった2日間のテストでは判断しきれません。」

【今後の判断はどうするつもり?】
「ヴァレンティーノ(ロッシ)とは別の道を行くのかってことですか?今のところ、マシンの手応えは僕もヴァレも似たようなもんなんですよ。だから、反対の道を行くってことにはなりにくいでしょうね。まだ、考えている最中です。でも、自分の道を進むってことは確実です。僕のライディングスタイルに合っている方にします。あまり急いで決めたくないんですよ。今シーズンみたいに間違ってしまう可能性があるでしょ。」

★なお、ヤマハ勢はヨハン・ザルコも含め、11月27〜28日はセパン・プライベートテストの予定。

(2017年11月15日『Gpone』記事参照)


故シモンチェッリ選手のグローブが戻ってきた話とか、アンヘル・ニエト基金の話とかは、『note』無料閲覧!!

主導はどっちぃぃね?!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top