Moto3 category

2018オースティンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

moto3-austin-2018-jorge-martin-del-conca-gresini-racing-moto3-8179328.jpg

『2018 オースティンGP モト3 決勝トピックス』

★4月22日(日)、オースティン戦 モト3クラスの決勝レースが行われた。

★首位ホルヘ・マルティン(ホンダ、グレジーニ)。ハードタイヤ使用。今季2勝目(世界選手権キャリア3勝目)。
マルティン選手のコメント。
「序盤は厳しかったです。でも、終盤も厳しかった。今は優勝と総合首位を噛み締めてます。」

チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは5位。
ジャンナントニオ選手のコメント。
「レース中盤から、もうタイヤが無理でした。理屈上は適切なチョイスだったはずなんですが。」

★2位エネア・バスティアニーニ(ホンダ、レオパード)。
バスティアニーニ選手のコメント。
「とにかく、満足してます。ずっとプッシュしっぱなしでした。でも、ホルヘの方が速かった。また頑張ります。」

チームメイトのロレンツォ・ダッラ・ポルタは18位。

★3位マルコ・ベッツェッキ(KTM、Redox PruestelGP、VR46ライダーズアカデミー)。
ベッツェッキ選手のコメント。
「すごく嬉しいです。KTMとチームに感謝します。」

チームメイトのヤコブ・コンフェイルは7位。グリッド21位スタートから怒涛の追い上げ。

★総合順位は1位マルティン(55ポイント)、2位カネ(48ポイント)、3位ベッツェッキ(43ポイント)、4位ディ・ジャンナントニオ(37ポイント)、5位バスティアニーニ(33ポイント)、6位ダッラ・ポルタ(25ポイント)。

★4位アンドレア・ミーニョ(KTM、アンヘル・ニエト、VR46ライダーズアカデミー)。グリッド16位スタートから怒涛の追い上げ。
チームメイトのアルベルト・アレーナスは15位。

★6位フィリップ・エッテル(KTM、Sudmetal Schedl)。

★8位アロン・カネ(ホンダ、エストレージャガリシア)。
チームメイトのアロンソ・ロペスは17位(ルーキー)。

★9位タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)。
チームメイトのニッコロー・アントネッリは24位。レース序盤、ロペス選手と接触して転倒。

★10位リヴィオ・ロイ(KTM、Reale Avintia Academy)。

★11位アユム・ササキ(ホンダ、Petronas Sprinta)。

★16位デニス・フォッジャ(KTM、VR46、ルーキー)。キャリア初の首位走行を果たした。柔らかめタイヤだったため、後半は失速。
チームメイトのニコロー・ブレガは第13コーナーで転倒リタイヤ。

★22位カズキ・マサキ(KTM、RBA)。

★スタート直後の多重クラッシュで5選手(ノロディン、トバ、ロドリーゴ、マシア、ラミレス)が転倒。

(2018年04月22日『Gpone』記事参照)
(2018年04月22日『Motorsport.com』記事参照)


『2018 オースティン モト3 決勝リザルト』

moto3-gara-2018americano.jpg


『2018 オースティン モト3 総合順位』

moto3-2018americano-worldstanding.jpg


ロレンソ特製シートとか、電動バイクレース初会合とかのカタールGPこぼれ話は、無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4121024796″ locale=”JP” title=”スポーツ国家アメリカ – 民主主義と巨大ビジネスのはざまで (中公新書)”]

[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP