JSB

全日本ライダー死亡:近藤湧也



『全日本ライダー死亡:ユウヤ・コンドウ』

★今年、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦することとなっていたユウヤ・コンドウ(26才、千葉出身、GBSレーシング YAMAHA)が、岡山サーキットでのプライベートテスト中の事故で亡くなった。

★3月13日に事故が発生し、当初より重篤な状態であった。その後、集中治療室で治療が行われ、26日午前9時47分に亡くなった。
なお、遺族の希望により、29日に訃報が知らされた。

★葬儀は4月9日(火)、船橋で行われる予定。

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

POSTED COMMENT

  1. 名無しの権兵衛 より:

    こういう記事の時あんまりコメントないよな・・
    俺も若い頃レース仲間死んでるから、
    こういう事あるといつも思い出してしまう。

    ご冥福を

  2. 通りすがり より:

    期待の若手だったみたいですね。
    今週末のJSB開幕戦もてぎには行く予定なので近藤選手のご冥福を祈り、そして参加者の皆さんの安全を祈念しながら観戦しようと思います。

  3. maro より:

    ご冥福を祈ります。

  4. ポケ より:

    不幸なアクシデントが無くなればロードレースが日本みたいな国でも盛り上がると思うんだけど、どうした訳か車両や装備のメーカーも、レース運営もとても本気で安全に本腰入れているように見えない。
    岡山国際は昔から危険なサーキットだ。

  5. Buell より:

    岡山はモスSのとこどうにかしてほしいですよね。200km/hで切り返すのでミスると衝突可能性高いですし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP