MotoGP

クアルタラロー:腕あがり手術、完了



『クアルタラロー:腕あがり手術、完了』

★ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)が6月4日午前、バルセロナで右腕の腕あがり手術を受けた。

★Dexeus大学病院のシャヴィエル・ミール医師が執刀。手術は1時間ほどで終了。

★クアルタラロー選手は経過観察のため一晩入院する。

★次のバルセロナGP(6/14〜16)には参戦する予定。

★クアルタラロー選手はムジェッロGPのレース後半、腕上がりの症状が出たものと懸念し、サーキット医師に相談していた。

★緊急手術を要する事態ではなかったが、シーズン中に合併症が生じることを恐れ、本人とチームが手術を決めた。

★先のムジェッロ戦でクアルタラロー選手は10位だった。

(参照サイト google 翻訳:『Motorsport.com』)


ル・マンでロレンソ選手が「クアルタラローとの勝負は…互角ではなかった」って言った話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP