MotoGP

ペルナット『ドヴィとダッリーニャの間に微妙な緊張感が…』2019ザクセンリンクGP



『ペルナット:ドヴィとダッリーニャの間に微妙な緊張感が…』

★ザクセンリンク戦で見られたドゥカティの危機状態について、カルロ・ペルナット氏(伊モトGP業界ご意見番、個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当)が次のように語った。

「ドゥカティが深刻な危機に陥っていたね…特にドヴィツィオーゾとダッリーニャの間ですよ。あの2人の間が微妙にピリピリしてるでしょ。
ドヴィがああしてプッシュしている一方で、ダッリーニャはこれまでの2年間、ベストマシンを作り出していたにもかかわらずタイトルを取れなかったってことに悶々としているわけだ。
しかも、ロレンソがチームメイトだった頃は、ドヴィはもう破格ライダーと言っていいような変わりようだったんだから。
厳しい状況だろうね。しかも、来年もこのチームで行くって言うのに、ドヴィなんかまるで空っぽみたいになってしまってねぇ。
上手く息を合わせて、また一から始められると良いんだが。
私個人の意見としては、それほど悪いマシンとは思えないんですよ…以前、操縦が簡単だったこともあるしね。
とにかく、今はドヴィとダッリーニャが、今後のドゥカティのために膝を交えてじっくり話し合った方が良いと思うね。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜアッセンでヤマハ機が好調で、ドゥカティ機が不調だったのか?って話は有料閲覧『note』で!!

ねりぴりぴり(練り七味)

POSTED COMMENT

  1. 87 garage より:

    ドカはライダーの青田買いしすぎて
    余剰だからね……。

    ジジと会わないと 大変かな。

    ドビもマシンの愚痴を言い出したし。

  2. 774RR より:

    ロレンソを手放したツケが回ってきたとしか思えない。プーチさん、聞いてますかー(な訳ゃない)

  3. すかいらーく より:

    CEOが余計なことしなきゃロレンソがドカでチャンピオンも十分ありえたと思う
    だいたいが2018年後半から今に至るロレンソの不調の原因の最初の怪我って
    あれドカが公式にマシントラブルって認めてたじゃない
    ファクトリーライダーが今更「4年前から曲がらない」とか愚痴りだす時点でドヴィに開発能力はないでしょ
    マルケスが退屈しないように早くロレンソには怪我を治してもらいたい

  4. ジージ より:

    ドビは安住環境より、マニアックイアンとかホルヘのような対立する、チームメイト環境の方が本領発揮するんだね。(カルも言っていた友人関係もテック3時代はライバル心剥き出しだったしね)
    バティも調子悪くて、ドカ正念場の後半戦どう巻き返すのか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP