未分類

ハフィス・シャーリン、2020年モト2参戦

『ハフィス・シャーリン、2020年モト2参戦』

★ハフィス・シャーリン(KTMテック3、25才)が2020年、『Angel Nieto』チームよりモト2参戦することが公表された。

★チームメイトはアロン・カネ(今季、モト3参戦中)、マシンはスピードアップ。

★シャーリン選手は2014〜2017年までモト2クラスにフル参戦し、2018年からモトGPクラスに参戦している。

★なお、KTMテック3は2020年、シャーリン後任としてブラッド・ビンダーをモトGP参戦させる。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


KTMではペドロサテストライダーの評価がうなぎ登りって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 64 より:

    なんというか、ザルコもだけどM1に継続して乗れていればまた違ったんだろうな…その場合、今のファビオは無かったんだろうけど。つくづくマシンとの適正って大きいな〜。

  2. より:

    はぁ〜… なんでしょう… M1であれだけ活躍していたので
    ものすごく残念な感じがしますね…
    あのままM1乗り続けられたら…
    ライダーの人生もいろんなことに翻弄されますよね。
    それにしてもKTMって何なんでしょう…
    開発能力・技術があるのかないのか…
    ポルの頑張りは伝わりますけど…
    いつかは陽のあたる場所にいけるのでしょうかね…

  3. maxtu より:

    かつてのカジバ、SBKで圧倒したAprilia、DUCATIだってストーナーしかタイトル獲れていないのだし、まだまだ日本メーカーの性能、マネージメント力には及ばないんでしょうね

    レッドブルマネーが豊富でもGPマシンの開発には時間が必要でKTMに移籍するなら選手生命を掛けるぐらいの覚悟が必要かも知れませんね
    当面はmoto2ライダー昇格の踏み台にされそうだけどステップアップできるかは神のみぞ知る(笑)

  4. kaz より:

    頑張れ石田靖(^.^)

  5. happyone より:

    なんか知ってる顔だと思った!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP