MotoGP

ドヴィツィオーゾ『決めなければならない事をこなしていた』2020バレンシアテスト

『ドヴィツィオーゾ:決めなければならない事をこなしていた』

★11月19〜20日の2日間、ヴァレンシアでモトGP公式テストが行われた。

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)はテスト初日が4位、2日目は11位だった。なお、2日間総合は8位。

★ドヴィツィオーゾ選手がテスト2日目終了時、次のように語った。

「いちばん重要なのは、テスト初日に試したものでしょうね。」

【では、今日は何に集中していたの?】
「その他諸々を試して、色々と決めなければならなかったんですよ。もうちょっとしたら新シーズンが始まるから、決めてしまわなければならないこともあるんで。
フレームについては、今日は比較テストはしてませんよ。」

【ヘレステスト(11/25〜26)での重要事項はなに?】
「昨日試した諸々について、もっときちんと掴んでいかないと。ヘレスはコンディション良好だと良いんですけどねぇ。」

【重要な2日間になりそう?】
「モトGPのテストって言うのは、とにかく慎重に進めなければならないんですよ…シーズン末なんか特にね。
プッシュしたがるライダーもいれば、そうじゃないのもいて…レースウィークエンドだと全力を尽くすけれど、テストは違いますね。
テスト中はそれほどプッシュする必要はないと思ってますけどね。」

【しかし、好タイムを叩き出していたライダーもいるわけで…】
「そうですね。でも、そう言うライダーが何を試していたのか…どんなタイヤでタイムを出していたのかを理解しておかないと。そう言うことが全て関係してくるわけだから。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ご意見番ペルナット氏の「ロレンソはドゥカティ放出からケチが付き始めた」って話は無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP