MotoGP

クアルタラロー『勇気を出して心理カウンセラーに助けを求めた』

『クアルタラロー:勇気を出して心理カウンセラーに助けを求めた』

★ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)が、最近の雑誌インタビューで次のように話した。

【昨年は『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』を獲得し、プライベートライダー部門で首位だったが…】
「モトGP2年目となる今シーズンは、僕にとって踏み台になるでしょうね。自分の能力すべてを使っていきたいと思ってます。やり方は掴んでますから…とにかく焦らず、冷静さを保つことなんです。そうしない限り、脳が最大限に機能しないんですよ。」

【昨年の開幕戦は16位だったが…】
「アドレナリンが出てなければ、死んじゃってますよねぇ…アドレナリンは僕の自然エネルギーだから。
でも、出すぎると神経がはじけてしまって、すべて台無しになってしまう危険もあるんですよね。」

【確か、あの時はグリッド5位だったのに、ウォーミングアップラップ直前にエンジンが停止し、ピットレーンスタートになってしまった…】
「嬉しくてウキウキだったのに、すっかり絶望に落ち込んでしまって…トップ陣と戦えるような状態だったのに、1ポイントも取れなかったんですから。
あれはキツかったですよ。予想外の大打撃でした。」

【そして、ある方に助けを求めたそうで…】
「最悪な状況でしたからね。とにかく、ネガティブに張り詰めた感じになっていたんで、それをポジティブなエネルギーに変えなければならなかったんです。
勇気を出して、心理カウンセラーに助けを求めました。」

【その結果、どうだった?】
「落ち込むところまで落ち込んでたんですが、心理面でのワークと簡単なエクササイズで浮上できました。
そして、その後、トラックの上でも速攻で効果が出てくれたんですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ヤマハ若手3選手とロッシ選手は何が違うのか?って話は有料閲覧『note』で!!

created by Rinker
¥1,210
(2020/07/02 22:11:15時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. マルカス より:

    まさに次世代の破格ライダーです。活躍に期待してます。
    マルカスより速くて恐ろしいですね。

  2. 煽り運転禁止 より:

    ↑暇だね〜

  3. 暇人18号 より:

    マルクやロッシも話してたけど優勝やチャンピオンになった時、次のレースでどれだけ平常心で操縦出来るか
    連続で勝ち続ける事はとてもつもないプレッシャーと戦わなければいけない
    だからこそ歴代の連覇した名ライダー達は本当に凄いと思うよ
    カウンセリングも大事だけどメンタルトレーニングをもっとした方が良いかもね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP