MotoGP

ロッシ『新ヤマハ機も例のタイヤ問題が…』2020スペインGP

『ロッシ:新ヤマハ機も例のタイヤ問題が…』

★7月17日、ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が午前FP1で13位、午後FP2で20位だった。なお、FP総合は13位。

★ヤマハ勢ライダーのFP総合順位は以下のとおり。

総合2位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)※1周タイムもペースも良好
総合12位フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)※ペースは良好
総合15位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)※ペースは良好

★ロッシ選手のコメント。

水曜テストでは好調だったのに…】
「実のところ、それほど違いはないんですよ。水曜日の午前セッションで柔らかめタイヤを履いた時のタイムは、今日とほとんど変わらないんでね。あの時もリズム面では苦戦していたから。
今、手を入れてるところで…リアタイヤのグリップを改善させて、もっと速く走れるよう頑張ってるところなんですよ。」

【ファビオ・クアルタラローが、新ヤマハ機は以前のより難しくなったと言っていたが…】
「ファビオの言う通りなのかどうか…なんとも言えませんね。正直なところ、僕としては大きな違いはないと言った感じで…。
まだ若いマシンと言うか…まだ育ちきってないんで、時間をかけて走り込み、ベストなセッティングを探し出す必要があるんですよ。
僕の問題点は去年と同じで…気温と、リアタイヤのグリップで苦戦してるんです。午後セッションでは速い走りなんて一度もできなかったから。暑さのせいで、さらに苦戦してしまってね。
走りやすさが感じられないんですよ。コーナーに高速で入っていけないし、立ち上がりでは遅いし。」

【しかも、問題は気温だけではないそうで…】
「去年のセパンは速かったですからね。ところが、ヴァレンシアでは気温が低かったのに遅かったんですよ。とにかく、全てはタイヤがどう機能してくれるかにかかっていて。
体力的には問題ないんですよ。イタリアも暑かったんで、こう言う気温には慣れているから。」

【では、土曜セッションに向けては?】
「今日、少なくともブレーキングは改善できたんですよ。ただ、コーナー進入に関しては駄目でしたね。しかも、全選手、けっこう拮抗していたでしょ。FP2では首位と1秒差だったって言うのに、最下位じゃなかったんだから(※21位マルケス弟、22位スミス)。
明日のFP3は本当に重要ですからね。トップ10内に入らないとならないし。ただ、今日のこのパフォーマンスからすると難しいでしょうねぇ。
ダヴィド・ムニョスはチーフメカニックに就任したばかりで、今回が開幕戦だから…この問題点をどうやって一緒に解決していくか見極めていかないと。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ビアッジvsロッシのライバル関係はどんなんだったのか?って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 9191 より:

    ヴィニャーレスは2位でロッシは13位。
    毎度のことながらロッシは遅いのをタイヤやマシンのせいにするのはどうかと思いますけど。

  2. gsex4 より:

    >1919
    ヴィニャーレスが早いからロッシも早く走れるとは限らん!
    それならホンダも全員が同じ様に走れるのか?KTMやドゥカティはどうなんだよ!

    人それぞれ感覚ってもんがあるんだから、同じバイクだからって一人が早きゃ他の人も早く走れるとは限らないんだよ!

    これだから上辺だけしか見れないド素人は…

  3. maxtu より:

    ちゃんとマスクしてますね

  4. マックス より:

    こんなロッシを今シーズンも見るんだな・・・

  5. ゲイ より:

    ロッシは背が大きいからかなって気はする

  6. 半世紀 より:

    マシンやタイヤが悪いとは云っておらず僕の問題と認識しています。
    ライディングスタイルや体格の違いがタイヤに与えるストレスの違いを起こしているのでしょうね。
    これがdoctorに対する最終課題のようです。
    誰よりも豊富な経験値から最適解をなんとか見いだして下さい。

  7. GPZ900 より:

    ロッシだけいつもの問題。
    -勝手な素人の考察-
    タッパのせいでリアタイヤに荷重乗りすぎて、熱が入りすぎる→グリップ不足?
    ・てことはスイングアーム伸ばした方が過度なリア荷重防げる? できたらとっくにやってるよな。
    ・身体の位置のメリハリつける。前乗りを意識する。

    同じくタッパのあるレディングがM1乗ったら同じ問題出るのか興味あるなあ。

    こうやって勝手に考えるのは楽しいなあ。

  8. カクラッチローQ より:

    分かり切った事かもしれませんが、体力的なところに問題がなくても、
    ロッシが元々持っていた、マシン特性に対する頭や身体の中にあるセンサーの感度が落ちてしまった様な、
    感じ取れてても自分の動きや操作をアジャストするのに凄く時間が掛かったり、出来なくなっているという感じなのでしょうか。
    今は速い他のヤマハライダーの詳しいデータが見られて、どの部分が遅いのかなど分かるはずですし。
    調子が悪い時はまず速いライダーの真似をして走って調子を上げて行く様な走りを今は出来ていない印象です。
    でも道具を使う競技ですから、突破口が見つかる可能性はありますよ!!
    速く走る事が出来ているヤマハライダーが居るのですから。
    マシンは最悪ではないのですからね。

    まだまだファンとしてはロッシ自身が諦めるまで応援し続けます。

  9. としあき より:

    いやいやロッシはマシンどころかメーカーが悪いってヤマハに謝罪までさせたの忘れたんですか
    その前は「ドゥカティとホンダはIMUからECUに不正介入してインチキをしている」とまで言いました
    しかし共通IMUになってもロッシの状態は改善されずにいて
    されどファビオやヴィニャーレスやモルビデリは好調になって何も言えなくなり
    最近は引退をほのめかしてファンの同情を買う始末です
    私はロッシの年齢でも現役を続ける競技者としてのストイックさはすごく好きですが
    その場しのぎで適当なホラこいてその後自身は謝罪もしないいい加減な部分とファンを扇動するような態度は大嫌いです

  10. ハンス より:

    ロッシ自身の衰えもあるだろうし、なにより長年染みついたライディングスタイルが今のヤマハ機には合っていないんでしょうね。
    2017年辺りからリヤの摩耗を訴えてるので、もはやアジャストできる範囲ではないのでしょうね。
    最早マシンの根本的な設計から変えないと多分ずっとこのままでしょう。

    少なくとも他3人が速いのでヤマハ機が遅いなんてのはあり得ませんね。

  11. 半世紀 より:

    ECUとタイヤの変更対応に自社リソース固執して迷走し他社の進化に引き離されて公開謝罪という苦難を越えヤマハが回答として創出した新生M1ははからずもdoctorとスムーズフィット出来ないマシンになったようです。
    この回答に応える事がdoctorの課題と云えるでしょう、期待してます‼️

  12. 馬14 より:

    昔のロッシより今のロッシのが好きだなぁ~
    最後まで足掻いて欲しいなぁ

    居ないと絶対寂しいよぉ

  13. ドナルドT より:

    例えばドビィ辺りじゃ速くても遅くてもこんなに沸かないけど、ヴァラだとちょっと遅いだけでこんなな盛り上がってる。皆+−はあるけどヴァレが大好きだね✨
    ヴァレこそカリスマの証だな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP