MotoGP

ペルナット『バニャイアは2年前のドヴィのよう…』

『ペルナット:バニャイアは2年前のドヴィのよう…』

★9月14日、伊モトGP業界のご意見番カルロ・ペルナット氏(個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当してきた)が、伊サイトインタビューで次のように話した。

【ミザノ2戦目では、フランチェスコ・バニャイアが転倒リタイヤとなったとは言え、大活躍だったが…】
「ペッコ(バニャイアの愛称)は、唯一、ドゥカティ機を上手く乗りこなしてますね。一方、ドヴィツィオーゾは、こんな言い方をするのもなんだが…ちょっとぼろぼろって感じでねぇ。勝ちたいって気持ちから湧き上がる、『あざとさ』みたいなものがないんですよ。
あえて比較するなら、現在のペッコは2年前のドヴィツィオーゾって感じだね。
ドヴィはチャンピオン候補ではあるが、このままでは高みの見物をしているようなものでしょ。」

【ところで、今回はジョアン・ミールが2位を獲得し、タイトル争いに名乗りを上げてきたと言う感じだが…】
「今回のレースは、今年のチャンピオンシップがちょっと見えてきたって感じなんじゃないの。今後、レースはバニャイアと、あと多分、クアルタラローやヴィニャーレスで争われることになるでしょう。
ロッシは、その中をフクロウみたいに羽ばたいてるって感じでね。まぁ、表彰台に上がれるかどうかは分からないが、トップ5以内には入ってくるでしょう。」

【ロッシ選手と言えば、異父弟のルーカ・マリーニがアヴィンティアからモトGP昇格するかもと言われているが…】
「ティト・ラバトがね、『まだ生きてるのに、僕を埋葬する気か…』って言ってるんですよ。つまり、まだ気持ちは固まってないってことでね。
ドゥカティ側はマリーニを推してるが、1週間やそこらでまとまる話ではないだろうね。ラバトにしてみたら、こっちからあっちへスムーズに移動ってことになるかもしれないし…そうなったら、マリーニ加入も可能だろうけどね。ただ、急いで無理に話を進めたら、逆の結果になるかもしれないし。」


(参照サイト:『Gpone』)

バニャイア選手を始め、ドゥカティ選手らの操縦の特徴については、note『サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. WR#1 より:

    あくまで個人的主観ですが、マリーニはMotoGPの中心人物のひとりに成り得る逸材だと思うので、決して飼い殺しにならないチーム・体制でMotoGPクラスに参戦して欲しい。

  2. ハンス より:

    ラバトはアヴィンティアと直接契約している選手なのでドゥカティは直接関われない問題なんですよね・・・
    ドゥカティがアヴィンティアに対して大幅な資金援助かスポンサーの紹介でもしない限りラバトのシートを空けることは難しいでしょうね。
    アブラハムの時のように持ち込み金未払いとかも無さそうですし。

  3. すぱおー より:

    ミールの事を聞かれてるのにミールの事を言わないのか

  4. ペトロナス より:

    なんか最近ここも広告が酷くなってきたな
    間違えてクリックしそうになった

  5. すぱおー より:

    ラバットはワンチャンホンダがテストライダーで拾いそうな気もする

  6. じょに より:

    ラバトはmoto2での実績は霧散してしまったのか!?
    なんでmotoGPクラスで成績残せないのか、アヴィンティアの態勢が問題か?

  7. じょに より:

    ラバトはmoto2での実績は霧散してしまったのか!?
    なんでmotoGPクラスで成績残せないのか、アヴィンティアの態勢が問題か?

    ロボットじゃないですよ。

  8. (´-`) より:

    (´-`).。oO(バナー広告は自分の閲覧傾向なのに・・・w)

  9. ハンス より:

    自分の今の広告は北海道産生秋鮭です。美味しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP