MotoGP

クアルタラロー『タイトル争いは勝負していける…』2020テルエルGP

『クアルタラロー:タイトル争いは勝負していける…』

★10月25日(日)、テルエルGP決勝戦でファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)が8位だった。

★現在、総合順位は以下のとおり。

首位ミール(137ポイント)
2位クアルタラロー(123ポイント)
3位ヴィニャーレス(118ポイント)
4位モルビデッリ(112ポイント)
5位ドヴィツィオーゾ(109ポイント)

★クアルタラロー選手のコメント。

「あまり喜んではいません。午前ウォームアップの時はポジティブなものが見えてたのに…レースでは試していたものが全く機能しなかったんですから。
フロントに信頼感が抱けず、トラクションもなかったし、序盤はプッシュすることもできなかったんです。やれることは全てやってみたんですが。
タイヤの問題ではないです。モルビデッリが最高のレースをこなして優勝してるんですからね。」

【タイトル争いについては…】
「勝負していけますよ。14ポイント差で…確かにけっこうなポイント差だけど、でも、まだレースはあるんだし、なんとか上手く作業していかないと。
どうして、今回、こんなに遅かったのか突き止めないと。本当に変なんですよね。信頼感が抱けなくて…速い走りができなかったんです。
どこを改善すればいいのかが分かるよう頑張らないと。」


(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Moto.it』)

なぜアラゴンでクアルタラローのタイヤ圧は上がってしまったのか?って話は、note『アラゴンGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. WR#1 より:

    ヘレスの2連勝で今年はクアルタラローの年かと思いましたが、その後の浮き沈みが激しいですねぇ。
    釈迦に説法ですが、高次元で安定していないとチャンピオンは難しい…本人が一番よくわかっているかと思いますが。

  2. hmoc より:

    タイヤのばらつきがあるなんて話もあるけど、フランス人としてはタイヤのせいにはできないのかな、なーんて思ってしまった。

  3. BWH より:

    マシーンの仕様・性能差なのか、タイヤのバラつきなのか?
    ヤマハ勢は特に不可解な状況ですね。
    他の状況も見ていていると、タイヤのバラつきがあり、且つセッティングや路面温度に対するスイートスポットが狭いのかと感じてしまいます。
    今シーズンはホントに奇妙な感じですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP