MotoGP

クラッチロー『有難う、モトGP!心の底から本音を喋ってきたよ!』2020ポルトガルGP

『クラッチロー:有難う、モトGP!心の底から本音を喋ってきたよ!』

★カル・クラッチロー(ホンダLCR)は今シーズン末で正規ライダーを辞め、来年はヤマハのテストライダーに就く。

★11月19日(木)、ポルトガルGP会見でクラッチロー選手が次のように話した。

「なんて言ったらいいものやら…本当に、みんな、有難うございました。
これまでの間、ずっと、自分は心の底から真っ正直に本音を言ってきましたよ。この道を進むのも今回で最後だと思うと変な気分だけど、長い時間をかけて、考えぬいた結論だから。
10年前、こう言う諸々のことをやれるなんて思ってなかったし、自分で期待していた以上のところまで来れたましたね。この長いキャリアの終止符を、ポルティマオで打てるなんて最高っすよ。
良いこともたくさんあったし…ブルノでの優勝なんか最高で、追い上げまくったうえでのモトGP初勝利だったから。」

【後悔などもあった…?】
「ないっすね。自分でできる限り、常に全力を尽くしてたんで。これまでの自分の発言に関しても後悔してないし…常に思ったことを口にするタイプなんでね。
まぁ、そう言うポジションは、友人であるジャック・ミラーに譲りますよ。パドック内でどう振る舞えばいいかも心得てるし、正直で率直で、差別偏見のないタイプだから。」

【若手ライダー陣にアドバイス等はある?】
「自分からは直接のメッセージはないけど、ジャックのことは感心してるんすよ…どう振る舞うべきかを、僕から僕から学んでるわけでね。
若手には、ジャックが伝えていってくれたらって思ってますね。」

【モトGP参戦中は、各メーカーのマシンを経験しつつ、タイヤや電制システムの変遷も目の当たりにしてきたが…】
「ここ何年間か、モトGPには新しい波がどっと押し寄せてきてましたね。ワンメイクECUのおかげで、パフォーマンスはかなり平均化されたんじゃないんすか。いまやモトGPクラスでは、多くのライダーがパフォーマンスを上げてるんだから。あと、それと共に、ライダー自体も強く、高い戦闘力になってますけどね。」

【今週末については?】
「ポルティマオにはけっこう良い思い出がたくさんあって…スーパースポーツのタイトル獲得とかね。
ここのトラックのことは良く分かってるから、めくら滅法つき進むって感じではないっすね。ここの特性に良く合うマシンもあるわけで…ホンダ機でもって高い戦闘力でいけるって思ってますよ。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Twitter

ヴァレンシア2戦&ポルトガルの『GPまとめ』を3本とも読むなら『まぐまぐ』がお得です!

created by Rinker
モンスター
¥4,163
(2020/11/30 21:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ジョルジョ99 より:

    やっぱりジャックがカル路線継承者なんだね(^^)
    テック3でのドビとのバトルもそうだけど容赦なく、限界付近で攻めまくる走り、カルなら最後も手を抜かず魅せてくれると期待しています。
    ちょっと早いけどお疲れ様、熱い走りをありがとう。

  2. maxtu より:

    最後の会見コメントも実に潔い良く彼らしくてGP界にとっては貴重なキャラでした
    印象的なレースはウィローちゃんが産まれる前後の優勝と強い走りでしょうか
    父親としての自覚と覚悟をみた思いです

    出来ればYAMAHAには来年のイギリス GPのワイルドカード参戦を実現して欲しいです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP