MotoGP

ペルナット『中上を過小評価していたと認めなければ…』

『ペルナット:中上を過小評価していたと認めなければ…』

★11月11日(水)、伊モトGP業界のご意見番カルロ・ペルナット氏(個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当してきた)が、伊サイトインタビューで次のように話した。

【KTM機が大成長しているが…】
「ペドロサのお陰だろうね。昨今、テストライダーの重要性ってのは顕著だから。スズキはテストライダーをシルヴァン・ギュントーリにしてから、調子が変わったじゃないですか。
SBKタイトルを取ったベストライダーだし、マシン作りってものを熟知してるからね。」

【では、KTM機はいつから調子が変わってきたの?】
「ペドロサが関わるようになってからでしょ。テストを何度もこなし、超戦闘力の高いマシンに仕立て上げたんですよ。
おそらく、現在のKTMに足りないのは勝利ライダーだろうね。ポル・エスパルガロはその器じゃないから。まぁ、来年はホンダに移りますけどね。」

【ホンダと言えば、きちんとした結果を出しているのはタカアキ・ナカガミだけで…】
「残念ながら現在のホンダは、ナカガミ以外はちょっと沈没状態でね。
アレックス・マルケスはまた転倒してしまい、成長プロセスでは良くない状況でしょ。ナカガミはアラゴン戦のスタート直後に転倒しなければ、総合2位になってたんじゃないのかい。
ナカガミについて、我々は皆、今までずっと過小評価していたと認めなければならないだろうね。」
(※当インタビューはヴァレンシア1戦目の後に行われたものです。)


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Twitter

ギュントーリ…テストライダーはかくあるべきって話は、note『バレンシアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    まさに掌返し(笑)

  2. すぱおー より:

    そっから勝つために転倒続きましたが…またどういってますやら

  3. ノラキチ より:

    いやいや、「過小評価してた」と素直に非を認めてて、むしろ潔い

  4. Kaw より:

    中上はライダーとして能力はあるんだろうけど、チームとのやり取りでマシンを良くしていく能力は低い。だからやり手のエンジニアが中上のテレメータなどの情報を見てセッティングを詰めてくれれば、それなりの結果が出せるという事。これはずっと前から明白。スペシャルなチームが居てくれれば中段以上安定して走ることも可能でしょう。

  5. 単車 より:

    何処にでいる軽薄なお方。

  6. シーマンラッキョサワー より:

    勝ってないんだから、以前からのお見立てで合ってるんですよ、ペルナットさん。

  7. WR#1 より:

    >ナカガミについて、我々は皆、今までずっと過小評価していたと認めなければならないだろうね。

    我々ってことは、タカはヨーロッパのジャーナリストからは、あまり評価されていなかったってことですねぇ。(今までは)
    まぁ、今年の活躍を見れば評価も変わりますね。
    あとは、来シーズン早々に表彰台、そして優勝を獲得して欲しいですね。

  8. ハンス より:

    勝ってもいないし表彰台すら上っていないのですから、去年までなら低めの評価で合っていると思います。自分の中上選手に対する評価もそうでしたし。
    今年はブレイクまであと少しという所まで行きましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP