MotoGP

マルク・マルケス、8時間におよぶ3回目手術を実施

『マルク・マルケス、8時間におよぶ3回目手術を実施』

★12月3日午前、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)がマドリッドのInternazionale Ruber病院で右上腕部への3回目手術を受けた。

★手術は8時間以上かかり、新プレートが挿入された。また、骨の再生を促すため腸骨稜から採取した骨髄が移植された。

★その後、ホンダ側からも同手術についての声明が出され、これまで行われてきた衝撃波治療では回復が見られなかったことや、偽性関節症を発症していたこと等が公表された。

★1〜2回目手術を執刀したミール医師は、今回、関与しなかった。

★なお、同タイプの手術後は、安静期間に3ヶ月、その後のリハビリ期間に3ヶ月が要すると言われている。

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

クラッチローvsロレンソ、どちらが優勝なテストライダーか?って話は、note『バレンシアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. シーマンラッキョサワー より:

    来シーズンもマルクには厳しい日々が続きそう。
    戻ってくるときは万全で戻ってきてほしい。

  2. maxtu より:

    ミールから違う担当医になったのね
    まぁ術の内容も違うからわからんけど、これから色々揉めそうな気配
    当初の術後のコメントとかほじくりだして擦り合いするんだろうな

    マルケスは3度目、8時間の手術お疲れ様、としか掛かる言葉がない
    暫くは表舞台から消えて静かなところで静養すればいいよ

  3. 無二 より:

    偽性関節症とは、どういった症状なのでしょうか?

  4. WR#1 より:

    >無二さん
    偽関節(ぎかんせつ、英: nonunion)とは骨折部の骨癒合プロセスが完全に停止したものをいう。骨折の重篤な後遺症のひとつである。骨折部の不安定、血行不良、骨癒合の始めに形成される血腫の流出、糖尿病などの疾患などにより発生する。 偽関節では骨折端の間が結合組織で埋められ、また異常可動性が認められる。
    (Wikipediaより)

  5. nav. より:

    偽性関節症ではなく、偽関節だと思います。
    結局、くっつかなくなっちゃったってことでは?
    骨の再生が進まないから、他の部位から骨髄移植して骨の再生が進むようにするんです。

    沢山穴開けてボルト固定したけど、逆にスカスカになって、骨自らの再生力がなくなっちゃったんでしょうかね。

  6. 与潘笊子 より:

    今回の執刀医が、前2回の医師ではない処が重要。

  7. 心配だった人 より:

    大殺界の最終年で良い事がなかったけど、今度の手術で良くなってくれるといいですね。
    ハイサイドの後でバイクが後ろからやって来なかったら・・・
    手術後に腕立て伏せとか何十回もセットでやらされていなければ・・・
    無理してMotoGPのバイクに乗らなければ・・・とか考えてしまいます。
    2回の手術は、どんなものだったのかな?
    逆に骨に負担のかかるものだったのかな?
    とにかく今回の手術で骨がキチンと再生して丈夫になってくれるといいですね。
    毎年、手術ばかりしていたけど、今年はそれ以上の年になってしまいましたね。。
    来年は様子見のような走りになるかもしれませんが、どんな物でも乗り物が大好きなマルケスが、またバイクなどを以前のように運転出来るようになっていってほしいですね。
    約6カ月は長いけど、着実に良くなっていってほしいです。
    またMotoGPで、あの強い走りが出来るマルケスの姿が見たいです。

  8. Clark Nova より:

    そもそも完全骨折の手術直後に腕立てやらせたりレースマシンに乗せること自体が間違っているんだよ。

  9. バウンス より:

    ほんとそれ
    本人が希望したのかもしらんけど

  10. 774RR より:

    マルクには来シーズン何戦欠場しても良いので完治して戻ってきて欲しい。それも含めて来年も波乱のシーズンになりそうですね。

  11. わるどまん命 より:

    マルケスの居ないもとじーぴーなんて。。。
    考えただけで悲しい。。。
    早く良くなってね
    5歳の娘も大好きなマルケス!

  12. SL より:

    ライダーがやると言ったから、医師がOKといってるから、自分は医師じゃなくて専門家じゃないから、なんて理由で出走させたHRCは判断は他者丸投げで仕事していないって書いたら批判的な意見も色々ありましたが‥

    大事になっちゃったなぁ…

  13. 89NSR より:

    偽関節になる最大の原因は、固定不足と言われてますね。再生中に再生部分を動かしてしまうと、体が「ここは動く場所なんだな」と認識して、動かせる骨=軟骨として再生してしまい、硬い骨に戻らない。若者の場合上腕骨や鎖骨が偽関節になりやすいのも、ついつい腕を使ってしまうからとのこと。
    やはり、焦って次のレースに出たのがよくなかったんじゃないかなぁ。

  14. k0110k より:

    なんでもいいから、早く治ってほしい
    衝撃波治療という記述があったけど、これはLIPUSがメディアに
    間違って伝わってると信じたいなぁ。。。

  15. Boeing797 より:

    マルケスよ、もう引退するんだ。もう無理だろう、仕方がないバチが当たったんだよ。やはり君の走り方やレースでの振る舞いは異常だよ。数々の接触にも関わらず失格処分を受けずに済んだのはHRCやマネージメントのおかげ。ロッシやストーナーのようなレースをしていれば、肩はもう少しもった筈だ。どんなに才能があっても重力には逆らえない。

  16. リッターSS乗り より:

    >Boeing797

    殴っていい?

  17. animo marc より:

    骨盤の骨を採って、細かく砕いて骨折箇所に移植。骨移植だね、骨髄じゃない。オレもやった、全く同じ。でもまだ大腿骨は中の空洞が完全には塞がらない。チタンプレートも外せない。

  18. animo marc より:

    それと、衝撃波治療ではなく、超音波治療だと思います、セーフスみたいな。
    偽関節はホントに大変です。

  19. as より:

    これでもし引退したらロッシの呪いとか言われるのか…2015年散々ロッシの優勝争いを邪魔しまくって総合優勝の回数もロッシの記録を抜いていくと思いきや、後1勝のところでこんなことになるなんて…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP