MotoGP

グレジーニ回復傾向、血中酸素濃度も適正値

『グレジーニ回復傾向、血中酸素濃度も適正値』

★ファウスト・グレジーニ氏(アプリリアファクトリー・チームマネージャー、59才)は昨年12月26日に新型コロナウイルス感染のため入院し、一時、重篤な状態に陥ったものの、最近は回復傾向にある。

★グレジーニ氏の子息ロレンツォさんが、2月4日深夜0時(イタリア時間)、容態について自身のフェイスブックで次のように公表した。

《その後の経過について
今日、父の血中酸素濃度が適正値となり、容態も安定しています。人工呼吸器に関しては、本人がより楽な体勢で、なおかつ、より効果的な形で行ってもらいました。今のところ、熱もありません。
なお、きちんと訓練を受けた有能な医療スタッフの皆さんが治療を行ってくれていることを、ここにご報告しつつ、大変感謝しています。
また、このように回復と後退を繰り返しているのは、集中治療室で治療を受けている患者特有の極端に繊細な容態ゆえのものです。
また、何かあったら、お知らせします。》

(Photo:Facebook

ダッリーニャ氏は、結局、ドヴィ選手のことをどう思ってたのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP