MotoGP

ロッシ『ラグーナセカでストーナーにしたようなオーバーテイクは今もできる!』

『ロッシ:ラグーナセカでストーナーにしたようなオーバーテイクは今もできる!』

★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハ・ペトロナスSRT)が2月8日付けのイタリア一般紙のインタビューで、次のように話した。

[ 第1編はこちら ]

【今年で42才となるが、20才の頃とは何が違うの?】
「大きな違いはないですよ。馬鹿なことをしないようにしながら、最大プッシュをするわけで。ずっとそんな感じですからね。20才の頃から、身は守るようにしてるんで。無謀なタイプのライダーではないから。
『40代でのレース参戦』ってテーマで他の選手と比較してみたいんだけど、無理でしょ。皆、もっと前に辞めてしまいますからね。」

【例えば、2008年ラグーナセカ戦のコークスクリューで、ストーナー相手にしたようなオーバーテイクは今もできそう?】
「できますよ。それほど危険なものではなかったし。見ごたえがあって、有名にはなったけど、あそこの地点はあまりスピードは出さないもんなんでね。」

【42才になると、生活も変わってくるもの?】
「優先順位が変わりますね。20代なら、とにかくレースのことばかり考えていて、それでお終いなんですよ。この前のレースと、その次のレースの間に何が起きたかなんて覚えてないから。
今は変わりましたね。まぁ、トレーニングと食事管理、レース、テストの繰り返しで、毎日の生活は変わらないんですけどね。ただ、他のことにも気持ちが向くようにはなりました。政治ニュースなんかも見るようになりましたね。相変わらず、何も分からないけれど、でも、ニュースは見てますよ。」

【コンテ首相の辞任については…】
「コンテ元首相やあの政府について、僕は批判的に思ったことは一度もないんですよ。こうした混乱を取り仕切るのは容易なことではないように思えるし。
世界中の国々が危機に瀕していて…なんとか解決しようと頑張ってる人を非難するのは、簡単なことだから。」

【マリオ・ドラギ氏が新首相になると言われているが…】
「どうなんでしょうね。ワクチンに関して、真摯に取り組んでくれると良いんだけど。あと、大変な状況に陥っている労働者が大勢いるわけだから、そう言った人達の問題についてもね。
元の生活に戻れるよう…今まで以上にイタリアが良い国だって思えるよう、しっかりとした策が出てくると良いんですが。そう言う意味では、僕らはツイてると思うんですよ…本当に美しい所に住んでるわけですからね。」

【フランチェスカ・ソフィア・ノヴェッロ嬢との交際について、長く続いている秘訣は?】
「一緒に居て楽なんですよ…性格も似てるし。ポジティブで、常に機嫌が良くって。なにか問題が起きると、躍起になって解決しようとするんですよ。タフな女性って感じがしますね。
2人とも、ケンカって好きな方じゃないんですよ。一晩寝て、次の日になったら、もうケロッとしてる方で…つまり、質の高い関係とでも言うか…上手くいってるってことですよ。」

[ 第3編に続く ]


(参照サイト:『Corriere della Sera』)

ダッリーニャ氏は、結局、ドヴィ選手のことをどう思ってたのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

created by Rinker
日活株式会社
¥1,205
(2024/05/28 07:54:45時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP