MotoGP

ミール『昨日は全てを真っ二つにしてやりたい気分だったが…』2021カタールGP

『ミール:昨日は全てを真っ二つにしてやりたい気分だったが…』

★3月28日、カタールGP決勝で、ジョアン・ミール(スズキファクトリー)が4位だった。

★ミール選手のコメント。

【表彰台は逃したものの、満足そうで…】
「今日のレースはけっこうポジティブでしたね。やっとマシンに去年の感触が戻ってきてくれて。時間が必要だったんですけど、ちょっとかけすぎてしまったかもしれません。でも、上手くいきました。
終盤にプッシュできるよう、最大限にタイヤを温存するようにしていたんです。表彰台に上がれなかったのは残念だけど、でも、来週、またチャンスがあるから。」

【最終ラップでザルコ選手を抜いたものの、その後、ザルコ&バニャイア両選手に抜き返されてしまったが…最終コーナーで膨らんでしまったのはミスなの?】
「作戦としては、ザルコのことは抜かずに表彰台に上がるってことだったんですが…チャンスがあったんで抜いてみたんです。でも、ムカつきまくってるドゥカティ選手2名の前を走ることになるってことは覚悟してました。
最後の直線コースをもっと速く走れるよう、わざと最終コーナーで膨らんでみたんですが、あまり役には立ちませんでしたね。ドゥカティ1台だけならともかく、2台もいたらねぇ…。まぁ、バニャイアがずっと喰い付いて来てたから。」

【マシンの感触がやっと戻ってきたと言うことだが、昨日と何が変わったの?】
「昨日、僕がぴりぴりしていたことは、はた目にも一目瞭然だったでしょ。ピットボックスで全てを真っ二つにしてやりたい気分だったけど、両親からそう言うのは良くないって教わったものですから。そう言うことはしないようにしてるんです。
物事が上手くいってる時はけっこう落ち着いていられるんですが、そうじゃないと、けっこうムカついてしまうタイプなんですよ。昨日は、マシンを上手く止めることができなかったものだから…。
昨夜から今日にかけて、マシンのセッティングやその他の細かい所に変更を加えたら、上手くいってくれたんです。今は笑顔になれましたね。
それから、今年は昔の燃料タンクの形状を復刻させようって言うサポートがあって…おかげで、ブレーキングの時に両足を駆使できるようになったんです。それ、好きなんですよね。」


(参照サイト:『Gpone』)

スズキ機はあまり変える必要はない!って話は、note『2021カタールテストまとめ1:ヤマハ・スズキ・アプリリア』でどうぞ!

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥2,935
(2021/04/11 20:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ugem より:

    えっ!あれわざとやったん?
    大失敗やん!!

  2. maxtu より:

    あれでDUCATI抑えていれば頭脳走行と言われただろうしね
    中位から追い上げただけでもたいしたもんだよ
    レースを盛り上げてくれました

  3. ゲイ より:

    それこそ予選だと20km/hぐらい違いましたよね最高速
    そもそもあの終盤コーナーでドゥカティと団子の時点で表彰台は無理だったのかもしれません
    チェッカーまでのホームストレートの長さが理不尽に見えるけど
    その分スズキ機はコーナリングで有利ですからね
    やっぱりただ見てる分にはどんどんオーバーテイクしていくミルは心躍る
    (本人は予選でファーストグリッドでそのまま逃げたいでしょうけど)

  4. ミラノマルコ より:

    いやいや、インつけてなかったし(笑)

  5. フルガス より:

    ミールはワクワクさせてくれるんだよなぁ。美しい青いマシンがコーナーでバシバシ抜く。今週末も期待しちゃう。

  6. チャオ より:

    意外と素直にミスは認めないタイプのキャラなのかな
    何れにせよ大失敗なのには変らないし、ドゥカの加速スゲーっ
    てな印象を世界中に宣伝した形なのに何か残念なコメント。
    でも手応えはあったから今週はスズキ勢上がってきそうかな。

  7. 序餡 より:

    冷静に回り見てるなら
    今年もチャンピオン候補だな!

  8. タディの星に願いを より:

    ミルってそんなに激おこすることあるんだ

  9. null0 より:

    2019年のリンス対マルケスの再現でもやりたかったんですかねえ
    何れにしても最終コーナーまでにリーチを築けていなければドカを相手にするのは厳しいでしょうね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP