MotoGP

クアルタラロ『コンスタントさがタイトルをもたらす…ミールが良い例』2021スティリアGP

『クアルタラロ:コンスタントさがタイトルをもたらす…ミールが良い例』

★8月8日、スティリアGP決勝戦でファビ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)が3位だった。

★総合首位クアルタラロー(172ポイント)、2位ザルコ(-40ポイント)、3位ミール(-51ポイント)。

★クアルタラロー選手のコメント。

「タイトル争いに向け、貴重なリザルトとなりました。オーストリア2戦が迫ってきた時、ミールとドゥカティ勢が強いだろうとは覚悟してたけど、心配はしてなかったです…うちはけっこう作業を重ねてたんで。
今シーズンは、優勝よりも3位の方が重要って感じで…今日もそうだし、ル・マンやザクセンリンクの時もそうだったんで。去年は優勝しなければ15位って感じだったけど、こう言うコンスタントさがタイトルをもたらしてくれるわけでしょ。ミールが良い例だと思うんですよね。」

【今日のレースについては?】
「キツかったです。ミラーの後ろにいた時、第1コーナーでちょっとミスってしまい…でも今日、僕は第3コーナーがけっこう強かったんですよ。レース1ではマルケスを抜くことができたし、レース2ではジャック(ミラー)を抜けたんで。トップの2人には付いて行けなかったけど、今回の表彰台は大満足です。今後、どこに手を入れたら良いかも良く分かったし…トラクションを改善した方が良いですね。マルティンはタイヤを上手く温存してたのに、僕はなんとかかんとかって感じだったから。うちにはドゥカティ機みたいな加速はないんで、今回の表彰台は完璧なリザルトだと思ってます。あと、明日からの3日間でマシンなり僕のスタイルなり、どこを改善すればいいかが掴めるだろうから。」

【来週のレースの目標は?】
「今日のホルヘ(マルティン)みたいになれたら、嬉しいですけどねぇ。ホルヘはけっこうな情報をドゥカティにもたらしただろうから、皆、かなり手を入れてくるでしょう。次は誰が一歩前進してくるか…。
まぁ、コンディションにも依るんでしょうけどね。」

【マルティン選手については?】
「もの凄い才能ですよね。今後、どんどんコンスタントになっていくだろうし、既にとんでもない偉業を成し遂げてますからね。今後も将来的にも、かなり手強い選手になると思います。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『AS』)

ドヴィツィオーゾはヤマハからモトGP復帰したがってるんだけど…って話は、note『ロッシ&ドヴィツィオーゾ去就まとめ』でどうぞ!

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980
(2022/12/04 01:45:20時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. NSR50 より:

    3~5位をコンスタントにとってチャンピオンなんてつまらね~こと言うなよ。
    ポールトゥウィンする実力あるんだから常にそれを目指してほすい。
    それが無理な状況なときはしかたないけど、これで十分なんて言われちゃ見てる方からしたらがっかりだ。
    やはりマルクの復活が待ち恋しいな。
    ついでにダニも復帰せんかな?

  2. としあき より:

    去年のミルよりよっぽど高止まりのコンスタントさだけどねファビオ
    ファスナーは論外としても雨のルマンでもここでも表彰台だったし
    逆に今季特に優勝はするのにそのコンスタント性の無いミラーが来季は賢いライダーになるんじゃないかな
    というかなれないとまずい

    そもそもファビオのノーポイントってマシントラブルが多かった気がするよ
    初年度は無双のマルケス相手だったからともかく
    本来なら去年順当にタイトル取っててもおかしくなかったわけで
    よくファビオはメンタルが〜とか言われたけど
    マシンがピクリとも動かない、メーカーが不正するとかなるとそりゃメンタルも荒れるって
    僕は今でも謝罪会見すべきは2018年よりも2020年だったと思ってますよヤマハ

  3. タディの星に願いを より:

    ファビオの3コーナーアプローチは神がかっていた。他のヤマハ選手と比べて、マシンを超越した走りはマルクの領域に入ってると思った。

  4. maxtu より:

    本人が今年からメンタルトレーナーを取り入れてるのだから自覚があっての反省、今季の飛躍だと思うけどねぇ
     
    自分の課題、弱さに向き合えるのが強さ秘訣

  5. フレッド より:

    TCSに加え ホールショットデパイスの進化で”立ち上がり加速”の差が小さくなった。
    つまり ブレーキングの上手いライダーが上位に来る。
    それにしても ファビオのブレーキングは凄い!
    何故あんな短時間で減速ができる?
    しかも ターンインがスムーズ。

  6. まる より:

    簡単に優勝と言いますが、勝てそうにない時は無理に狙わない方が良いと思います。
    3位ですからね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP