MotoGP

ロッシ:2022年はモトGPとモト3に1チームづつ、モト2に2チーム参戦

『ロッシ:2022年はモトGPとモト3に1チームづつ、モト2に2チーム参戦』

★9月23日、2022年の軽中量級クラス参戦チームが公表され、ヴァレンティーノ・ロッシがモト2に2チーム、モト3に1チームを参戦させることが判明した。

★ロッシ選手はこの他、モトGPにも1チーム参戦させる予定である。

★軽中量級クラスにおけるロッシ選手の参戦チームは、以下のとおり。

・モト2
ARAMCO VR46 TEAM(アラムコ・VR46・チーム)
※スポンサーの『Aramco』は、当初、モトGPチームを支援すると公表されたものの、いまだ真偽が明らかになっていない企業である。

YAMAHA VR46 MASTER CAMP TEAM(ヤマハ・VR46・マスターキャンプ・チーム)
※現在、『ヤマハ・ペトロナスSRT』のチームプリンシパルであるラズラン・ラザリ氏は、数週間前に「2022年はモトGPに集中すべく、モト2/モト3には参戦しない」と発言していたが、ヤマハと共にアジア人ライダー育成を目指すこととなった。

・モト3
AVINTIA VR46 RIDERS ACADEMY(アビンティア・VR46・ライダーズ・アカデミー)
※アヴィンティアとのコラボで、選手名はまだ公表されていない。

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

ロッシ釈明すべき、スポンサー詐欺問題&ヤマハとモト2チーム結成って話は、『無料note』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. やまだ より:

    MotoGPクラスの方はプランAのアラムコは消滅
    別のスポンサー付けたプランBも難航とか言われてるしどうなるんかなぁ?

  2. ハラヘリーノ・ペッコリスキー より:

    これからもVR46は独立して運営していくんだろうけどヤマハとはもっと親密な関係になっていくのかな。ヴァレやVR46,ラズランを上手く利用してKTMのようにヤマハもライダー育成に乗り出したっていう見方もできる。良い意味でヤマハのMotoGPに対するスタンスが明確になったね。上手く機能するかはまだ未知数だけどVR46絡みでアジアやイタリアの若いライダーを下位クラスから育成してヤマハ陣営との関係を深める試みは良いと思う。あとは今後どのタイミングでVR46のMotoGPクラス参戦をヤマハサテライトに引き込むかだね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP