MotoGP

スズキ、ホンダ、VR46新情報:2021バレンシアGP

『スズキ、ホンダ、VR46新情報』

★11月12日、ヴァレンシアGP中、各チーム幹部が次のように話した。

・シンイチ・サハラ氏(スズキ・プロジェクトリーダー)

【ダヴィデ・ブリヴィオ離脱後、今年はチームマネージャー業も兼務しているが…】
「チーム全体がサポートしてくれているものの、兼務はあまりにも大変で…。
来年に向けての新体制を整えている最中であり、外部から新チームマネージャーを招く予定です。今のところ、これ以上のことは話せませんが、もう少しで合意と言うところまで来てますから。
(ダヴィデ・ブリヴィオ復帰の可能性については)ダヴィデとは良い友人で、よく連絡も取り合っていて…レースウィークエンドの最中もそんな感じなんですよ。
とにかく、F1での活躍を願っています。そして、将来的にはまた一緒に働きたいと思ってます。スズキ復帰は大歓迎ですが、来年はそう言う話にはならないですね。」


・アルベルト・プーチ氏(ホンダ・チームマネージャー)

視力障害で欠場しているマルク・マルケスの容態については?】

「あいにく、こう言うことはあるもので…今はただ待つだけですね。
マルクの真価や実力については誰もが知っており、説明の必要などはないでしょ。
我々は新マシンの作業を続け、マルクが完全復帰してきたら、可能な限りベストなマテリアルでもってテストをしてもらいますよ。
(マルケスの回復期間については)モト2時代、2011年のセパンで負ったケガと近い状態ですね。単純な骨の負傷とはわけが違うため、よりデリケートな状況となってます。
とにかく、焦らずに、諸々の展開次第でしょう。神経の反応については容易に推し量れるものではないが、医師陣はポジティブにかまえており、『じっと我慢が必要だろう』とのことでした。骨折ならばプレート挿入で復帰もできるんですがねぇ。
私個人としては、医師陣の説明を聞いてからは自信を抱いています。とにかく、マルクは賢い人間だから、いまは待つしかないと分かっているでしょう。」

・パブロ・ニエト氏(VR46のモトGP/モト2兼任チームマネージャー)

【2022年のVR46チームについては?】
「選手は、モトGPはルーカ・マリーニとマルコ・ベッツェッキになります。モト2の方はチェレスティーニ・ヴィエッティとニッコロー・アントネッリです。
(メインスポンサーについては)現在、調整中で…既に合意には達しており、タイミング的に少し問題があるだけなんですよ。とにかく、順調に進んでいます。
(メインスポンサーは、やはりARAMCOなの?)当初、発表した通りに進んでいますよ。
モトGPのマシンはマリーニが2022年版、ベッツェッキが2021年版のドゥカティ機です。ただ、ヘレステストでは、マリーニはまだ乗れませんけどね…まだ出来上がっていないので。だから、同テストでは2人とも2021年版に乗ります。
チーフメカニックはマリーニがダヴィド・ムニョス(現在、ロッシのチーフメカニック)、ベッツェッキがマッテオ・フラミーニ(現在、ロッシのテレメーター)です。それから、イダリオ・ガヴィラ(現在、ロッシのコーチ)も一緒です。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(Photo & Video:Instagram)

ロッシが「来年のモトGPグリッドは…こうなるだろう!」って予想した話は、『note無料記事』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    どなた様か腕に自信のある、コミュニケーションスキルの高い人ヤマハに行ってあげて

  2. くろめ より:

    ロレンソマネージャーですかね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP