MotoGP

マルク・マルケス『最初に複視の診察を受けた時は…』

『マルケス:最初に複視の診察を受けた時は…』

★マルケス選手が『DAZN.』のドキュメンタリーで、次のように話した。

【最初に複視の診察を受けた時は?】
「オフロードトレーニング中に転倒して病院へ行った際、医師に『ものが二重に見えるんです』と言ったところ、『生活に支障はないだろうが、やはり、オートバイレースは無理でしょう…少なくとも、すぐには無理です』と言われました。」

【では、ヘレス決勝戦で転倒した後は?】
「あの後はキツかったですね。毎日、トレーニングしながら医師の診察も受け…ただ、もう二度とレースに出られないかもとは全く思いませんでした。
とは言え、精神的にはけっこうダメージが大きくって…。でも、そう言う状況のお陰で、力も湧いてきて…毎日、新たな限界点を探り、以前よりも強くなって復帰するぞと言う後押しになってました。
できるだけ早く、凄まじい力を取り戻したかったんですよ。」

(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)
(Photo:Instagram

ホンダが、どの選手にも乗りこなせるようなマシンを作っているようだって話は、note『2021ヘレステストまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    初めていうけど、素人目にメガネで矯正できないのかしら。できたらもうしてるはずなんだけど、メガネといえば現役だとソードーとヌーヴィルだよね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP