MotoGP

ペルナット『マルケスはセパンテストに参加しないと思う』

『ペルナット:マルケスはセパンテストに参加しないと思う』

★伊モトGP業界のご意見番カルロ・ペルナット氏が、1月15日付けのイタリア大手サイト『Gpone』のライブ対談で次のように話した。
(※同氏は個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当し、現在はバスティアニーニ&アルボリーノ選手に付いている。)

【先日、マルク・マルケスがモトクロストレーニングを再開し、近々にトラックでのトレーニングにもトライするようだが…】
「トラックでスポーツバイクを試してみるって流れは、完璧なんじゃないの。ただ、やはり私としては、マルクはセパンテストには参加しないと思うけどね。私が思うに、そこまで治ってはいないでしょう。
モトクロスに乗ったそうだが、何周走ったかは公開されてないんだし。スペイン国内で、もしかしたらホンダRCV213VS機に乗ってみるかもしれないが、しかし、セパンテスト参加はリスクだと思いますよ。
今、オートバイでちょっと走ったって、たいした意味はないでしょ。もっと時間がかかると思うんですよね。2011年に複視を患った時だって、復帰するのに4〜5ヶ月かかってたんだから。
手術はしないでしょう…本人もそう言ってたんだし。ただ、どれぐらい良くなったのは分からないわけで…私としては、少なくとも、もう1ヶ月はかかると思うんだがねぇ。
どうもすっきりしないんですよ。まぁ、私の読み違いかもしれないが。
早々に、また二輪テストかなんかをやるでしょう。ただ、セパンテストには出ないと思うね…出るのはリスクが大きすぎるから。まぁ、トラック走行に必要な反射能力を確認するには有効だろうけどね。」

【とにかく、マルク・マルケス復帰は二輪レース業界のビッグニュースであり…】
「マルケス参上ってなわけでね。皆、それを望んでますからね。マルケスが出たらチャンピオンシップだって盛り上がるし、しっかりとした内容になるでしょ。
カタール開幕戦には出るでしょ…バニャイアやクアルタラロー相手に戦う姿を、皆が拝みたがってるんだし。とにかく、見ものなわけでね。
もちろん、完全に疑念は晴れてないですよ…もしかしたら2011年以降も、マルケスは視覚障害を抱えてたのかもしれない…それでオーバーテイクの際、他の選手にぶつかってたのかもしれないって疑念がね。
各選手、ライディングスタイルはまちまちで、アグレッシブなのもいれば、そうでないのもいるわけだが、ただ、今は、身体のどこかに問題があって、その結果…って話をしてるんですよ。
ポジティブ面としては、マルケス復帰が確実だってことで…二輪レース業界にとっては、とにかく良いことでしょ。心身共に悲劇的なことになってるんじゃないかって、思われてたんだから。
マルケスみたいなチャンピオンライダーがああ言う諸々の問題を抱え、どんな精神状態になるか考えてもみなさいよ。
まぁ、破格ライダーだから、みごと復活できるでしょう。並のライダーなら無理かもしれないけどねぇ。」

【ポル・エスパルガロが『マルケスはホンダ機を天才的に乗りこなしている』と認めつつ、ホンダ側が他の選手も考慮してマシン開発をしていると言っていたが…】
「(マルケスと言うのは)この業界で、生粋の破格選手なわけでねぇ。ただ、ホンダは開発におけるフィロソフィーを変えたわけですよ…他の選手も乗りやすいマシンを作っるってことにしてね。ヘレステストでは一目瞭然だったでしょ。
ドゥカティ時代のストーナーとは、話が違うってことでね。ホンダは速攻で姿勢を変えることにしたが、ドゥカティはストーナー以降、ダッリーニャが加入してくるまで待たなければならなかったわけでね。
ダッリーニャが入った途端、がらりと変わってたじゃないですか。おそらく、(ダッリーニャ前任者の)プレツィオージのままだったら、いまだにそれほど変わってなかったかもね。
ホンダは1年そこらで変わってみせたってわけですよ。」

【久しぶりにマルケス選手が元気な姿を見せたことで、今後のライダー移籍交渉の流れは変わりそう?】
「別に変わりはしないでしょう。マルケスが大丈夫ならば、ホンダは手放しはしないが、強いセカンドライダーを探すわけで…私としては、それはジョアン・ミールだと思いますけどね。移籍交渉はミールとクアルタラローを中心に回っていくでしょ。
もしマルケスが参戦できないってことになれば話も変わるだろうが、そう言う流れではないようだし。
とにかく、ライダーの移籍交渉は大いに盛り上がるでしょ…ほぼ全員が今年末までの契約なんだから。まぁ、マルク周辺に動きはまったくないだろうけどね…そう言うタイミングではないから。」

【ちなみにアンドレア・イアンノーネの失格処分が、2022年末に解けるわけだが…】
「数日前に本人と話してみたんだが、気が狂いそうなほど復帰を望んでいるんで…早々に叶うんじゃないかと思いますね。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

2022年モトGPにおける技術チェックシステムの改革については、『無料note記事』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,170
(2022/05/27 11:16:41時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    読みちがいの方が多かったような…

  2. maxtu より:

    イタリア版文春砲

  3. へほへも より:

    イアンノーネ…そんな人いたなぁ
    シート空いてもブランク考えたら博打やん。どこが雇うんな

  4. タディの星に願いを より:

     イアンノーネはバウティスタ後任なんて妄想してみると実現性あるかも

  5. キャメル より:

    本命:バニャイヤ
    競合:クアルタラロー
    再臨:ミール
    期待:モルビデリ
    え?!やっぱり:マルケス
    ダークホース:マルティン、バスティアニーニオリヴェイラ

    どうなる事やら2022年!乞うご期待(笑)

  6. 鯖通り より:

    イアンノーネは来年34歳
    今どうやって過ごしてるか判りませんがトレーニングを怠って無ければもうワンチャンス有るかも知れませんね
    経緯や当時の首脳コメントを考えるとアプリリアは拾ってくれるかも

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP