MotoGP

ロマーノ・フェナティ破局:チームからは短文声明のみ

『フェナティ破局:チームからは短文声明のみ』

★5月4日、『Team SpeedUp』が、所属選手であるロマーノ・フェナーティ(26才)との破局を公表した。

★同チームのオーナーであるルーカ・ボスコスクーロ氏からのプレスリリースは、以下のとおり。

《Team SpeedUpより皆様に、ロマーノ・フェナーティ選手との契約を終了させた旨、お伝えします。》

★フェナーティ選手は今シーズン、同チームよりモト2参戦し、ここまでのリザルトは15位/19位/18位/15位/11位/リタイヤと低調で、そのため、何戦か前からチームとは緊張関係にあった。

★先のヘレスGP中、ボスコスクーロ氏はフェナーティ選手のパフォーマンスに満足していないと公言しつつも、今後の参戦継続のためにも一歩前進して欲しいと話していた。
なお、同戦でフェナーティ選手は転倒リタイヤとなり、その後、特にトラブルが起きた気配もなく、同発表に至った。

★フェナーティ選手の世界選手権キャリアは以下のとおり。

2012年のモト3デビュー開幕戦で2位、第2戦で優勝し、一躍注目される。
2014年よりヴァレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームから参戦し、モト3タイトル獲得を目指したが振るわず、2016年には性格の不一致により同チームより解雇された。
2017年に『Ongetta Rivacold Racing』チームよりモト3参戦し、総合2位を獲得した。
2018年に『Snipers』チームよりモト2初参戦するものの、ミザノ決勝戦でステファノ・マンツィと並走中、同選手のマシンのブレーキを勝手に操作しようとし、危険行為により出場禁止処分となった。ライセンスも剥奪、チームからも解雇され、家業の金物店で働く。
2019年にモト3クラスに『Snipers』チームより復帰し、総合16位となる。
2020年よりマックス・ビアッジ率いる『Max Racing Team』よりモト2参戦し、2021年には総合5位を獲得した。


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ポルトガルGP決勝戦を左右した6つの鍵については、『無料note』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. nako7 より:

    また何かやったのか?と思ったら単純な解雇って…
    シーズン中にしては珍しくないですかね?

  2. 栗原 より:

    フェナティ、ブレーキ事件の前にも他ライダーの走行中に蹴りだのキルスイッチカットだのしたよね?

    本文のキャリアにブレーキ事件は書いてあるのにそれは書かないのね…
    (あ、管理人さんに対してじゃなく元記事に対してね?)

    • La Chirico より:

      記事後半のフェナーティ選手のキャリアについては、オリジナル記事からのものではなく、管理人が調べてまとめたものです。
      当ブログ記事は特定の記事の全文訳を掲載することはなく、あくまでも参照であり、一部分のみ使用することもあれば、複数の記事を読んでまとめたり、管理人が補足することもあります。

      もし当ブログの内容に不足を感じられるようでしたら、ご自身で発信してみてはいかがでしょうか。

  3. NSR50 より:

    フェナーティ、やんちゃで悪童、ラフファイトしほうだいなやつだけど、スピードはあって嫌いじゃなかった。
    昔はこんなヤツ結構いたんだけど、今のGP界じゃ生き残れないだろうなぁ。

  4. ビロポート より:

    でも、このスピードアップってチームこの一年でヤリ・モンテッラ、アロンソ・ロペス(CEV)、フェナーティと3人も一方的に契約解除してるんですよね、、、うーん、、、

  5. ugem より:

    また何かやらかしたのか?と思ったのですが成績不振のためだったのですね。先日のスペイングランプリで転倒したときに初めて、あ、フェナティいたんだ!と気付くくらい影が薄かった。またお家の手伝いをするんでしょうか?

  6. まぁ より:

    またなんかやらかしたかぁー
    と思ったら違うのね笑
    カッとなるとやらかすから笑
    あとから
    本当の僕はそんな人間じゃない、みんな知ってる
    とか言い訳してるイメージ
    選手としては嫌いじゃないんだけどね
    アウトから綺麗に抜いていくのは結構好き

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP