MotoGP

ヤマハからアプリリアに乗り換えてプライベート参戦:ラズラン・ラザリ

『ラザリ:ヤマハからアプリリアに乗り換えてプライベート参戦』

★5月27日、アプリリアとラズラン・ラザリ氏がモトGPのプライベーター契約を締結したことを公表した。なお、複数年の契約の模様。

★5月26日、アプリリアがアレイシ・エスパルガロ&マーヴェリック・ヴィニャーレスの契約更改を発表した際、既に同プライベーター契約の可能性が浮上していた。

★ラザリ氏は2019年よりヤマハとプライベーター契約を継続し、今シーズンは『ヤマハWithU RNF』チームからアンドレア・ドヴィツィオーゾ&ダリン・ビンダーを参戦させている。

★2023年のモトGPクラスはアプリリアから4機参戦し、ヤマハからは2機のみとなる。

★マッシモ・リヴォラ氏(アプリリアレーシングCEO)のコメント。

「『RNF Racing』との契約締結を公表でき、嬉しく思っています。
我々は常に小さく前進していく姿勢であり、マシンの戦闘力の高さを証明しつつ、自然なプロセスとしてもう2台のマシンを参戦させることを考えてきました。
アプリリアのレース部門はまさに知識の宝庫であり、高性能マシンに投入すべきテクニカルカルチャーに溢れ、また、スポーツマネージメントにおいても多くのノウハウを有しています。
『RNF Racing』と共にパートナーとして成長し、これらをさらに豊かなものにしていきたいと思っています。
 我々は選手陣に、そして、戦闘力を高めていくことに注力しつつ、新世代のエンジニア、メカニック、マネージャー陣をも育てていく気持ちです。
素晴らしいイタリアの伝統を、そして、アプリリアレーシングの伝統を維持し、また、向上させていきたいと思っています。」

★ラズラン・ラザリ氏(WithU RNFチームオーナー)のコメント。

「アプリリアレーシングと長きに渡るパートナーシップを結ぶことができ、大変興奮しております。
我々はこれまで通り、メーカーと共に精進する姿勢で進み、いつの日かアプリリアファクトリーに昇格できるような選手を育てていきたいと思っています。
その成長に寄り添いつつ、常に戦闘力を高め、アプリリアレーシングと共に勝利を目指す道のりを進んでいきます。
アプリリアからは我々の長期プロジェクトや戦略、向こう2年間の展望に沿うような提案をしていただきました。当チームへの信頼に感謝しつつ、この新たなパートナーシップでもって来シーズンを迎えることを大変楽しみに思っています。
また、これまで当チームのために尽力し、共に成長してきたヤマハへ感謝の意を表したく思っています。
今後は今シーズンに集中しつつ、ヤマハと共にリザルトを伸ばし、有終の美を飾るべく尽力していく気持ちです。
(2023年の)選手ラインナップについて話題にするのは時期尚早でしょうが、若手ライダーではないものの、1名はアレックス・リンスと言う可能性もあるでしょう。もう1名には、ロレンツォ・サヴァドーリ等もあり得るでしょうね。

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

アプリリアにタイトル獲得の可能性はあるのか?って話は、『2022 スペインGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    いやーラザリの笑顔が物語ってるね
    2020年総合2位を自チームとモルビデリで
    2021年総合1位のファビオを発掘した人間を手放したのは明らかな損失
    YAMAHA2年はサテライト無いかもしれないけどどうすんだろ

  2. ミラノマルコ より:

    ドビのアプも見たかったが、ヤマハ契約ならそれはないか、、、

  3. タベロヨヨッシーナ46 より:

    ラザリには最高でもスーパースポーツが良いでしょうね。レースが好きなのでしょうけど、アスリートの本質を理解で来ていないと思います。ゴッコは駄目とは言えませんが、身の丈に合ったところでやって欲しいです。

  4. ugem より:

    ヤマハの体たらくを身に沁みて感じている訳だから泥舟から逃げ出せてホッとしているでしょう。アプリリアで頑張ってほしい。同時にヤマハ、しっかりしろ!

  5. motoGP大好き より:

    このオッさんの笑顔ムカつく。

    しかし、ここへリンスが行くのは気が進まない。

    このチームはオッさんが金・金・金ばっかり
    言うトコなので、ライダーの墓場になりそうな
    気がしてならない。

    ドヴィは解雇・引退、ビンダー弟も解雇で
    moto3出戻りに、なるのだろうか?

  6. 元草レーサー より:

    ラザリがアプリリアサテライトの選択は上手く乗り換えたと思いますが、コンセッションなくなって来年度以降マシンの相対的パフォーマンスがどうなるかですね。現時点ではいい選択に思いますが。スズキの後釜はどうなった?

  7. maxtu より:

    >ヤマハからは2機のみとなる

    はぁぁぁ?!
    YAMAHAヤバいよヤバいよ
    SUZUKIみたいになるのでは?

  8. 田中 より:

    リンス、ここか。
    うーん。あまりチームの雰囲気良くないみたいたからな。

    ここで一年過ごしてv4にも適応できること示して、その後プラマックあたりに行ってほしいな。まぁ順当に行けば!2023年はマーベリックと交代かな?

    しかしヤマハのリース料って!アプリリアとドカに比べて、そんなに高いんか?

    ヤマハはテック3に去られ、ラズランにも去られ、
    なんだかな。

  9. ハンス より:

    まぁ今のヤマハ機に乗り換えたいと思うチームはいないでしょうね。

  10. 99 より:

    ライダーラインナップはどうなるの?
    チームの存在意義的には
    イアンノーネ復帰は無さそうだけど

  11. POP84 より:

    新興ティームがヤマハと契約すると1年契約しか結べなくて、その都度審査されると以前ラザリ氏が語っていたから、契約更新が上手くゆかなくなったのかもね。
    記事を見るとアプリリアとは2年契約とありますし。
    気になるところは供給される車両が新型か型落ちかですね。
    しかし危険な男ビンダー弟がmotoGPから消えるのは残念ですね。

  12. すぱおー より:

    リンスとビエッティあたりかな?リンスも若くはないと言うがラザリ好みでしょうし…ヤマハとしては痛いのでしょうけど、少しラザリ苦手だったので自分としてはどうぞどうぞとなってしまいます。ヤマハはいいマシン作って2024には他のプライベーター確保できると良いですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP