MotoGP

中上貴晶『100%僕のミス…決定が翻されるなら処罰を受ける』2022ドイツGP

『ナカガミ:100%僕のミス…決定が翻されるなら処罰を受ける』

★6月5日(日)、カタルーニャGP モトGPクラス決勝戦の第1ラップ第1コーナーで、タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)がブレーキングで無理をし、フロントが切れ込んだ。その際、同選手のヘルメットがフランチェスコ・バニャイアの後輪に命中、その直後、ホンダ機がアレックス・リンスに接触し、3選手が転倒リタイアとなった。

★その後、ナカガミ選手は顎や顔面を負傷し、2日間入院した。
同選手によれば、ヘルメットがかなり酷い状態になっており、そのおかげで命拾いしたとのこと。

★6月16日、ドイツGP木曜会見でナカガミ選手が次のように話した。

【カタルーニャ決勝戦での転倒事故について、バニャイア&リンス選手と話したそうで…】
「あのレースの後、僕はあの2人に会うことができず…入院してたもんですから。とにかく、直接会って、謝罪しなければと思っていました。あれは100%、僕のミスです。
あの事故については、本当に申し訳なく思ってます…2人のレースを台無しにしてしまったんですから。
今日、2人と直接話せたんで気持ちが落ち着きました…今週末の方に集中していけると思います。」

【具体的に、どんなミスだったの?】
「ブレーキング地点は間違えてないんですが、あいにく、あの瞬間はペッコ(バニャイア)のスリップストリームに入ってしまい…想定外のことで、マシンを上手く止められず、もうどうにもできなかったんです。
酷い転倒事故になってしまい…アレックス(リンス)とペッコにそう説明したところ、分かってくれて…握手してくれました。」

【貴方に処罰がなかったことで、その後、スチュワード(審判団)が批判されていたが…】
「僕は処罰があると覚悟してたんですが…ただ、僕が決めるわけではないので…スチュワード(審判団)の目にはレースインシデントと映ったと言うことなんですね。
僕に言えることは、あれは僕のミスだし、もし決定が翻されるならば、僕はきちんと処罰を受けます。
僕のミスであんな事故が起きてしまい、僕一人では済まなかったのだし…ただ、僕の方から処罰を求めることはできないですから。」

【今回のドイツGPに関し、医師陣から出走許可が降りたそうだが、調子の方は…?】
「通常、ここのトラックは、僕のライディングスタイルにもホンダ機にも合うんですよ。
あいにく、バルセロナテストには参加できず…改良すべき点がいくつもあったので、重要なテストだったんですけどねぇ。
僕は骨折はなかったけど、右肩に水が溜まっていて炎症がひどいんです。
走り心地に問題が出るかどうかは分からないですね…ここは重要なブレーキング地点は2ヶ所だけなんで、身体の負担はそれほどでもないんですが。」

(参照サイト:『Gpone』)

マルク・マルケスの骨切り手術成功って話しは、『2022 イタリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,430
(2022/08/20 02:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    争点はペナルティ云々よりスチュワードパネルが事実関係をちゃんと拾っていたのかだった。

    中上くん肩の炎症が残ってるけどメディカルOkで良かった。またひとつ、困難を乗り越えたね、ザクセンリンク走れないマルクも期待してると思う

  2. 元草レーサー より:

    何はともあれ、無事戻ってきて、和解も出来たようでなにより。

  3. 田中 より:

    ペッコ、リンスの寛容さに感謝だね。
    謝罪もして心機一転。

    マシンはいまいちだけど、ドサクサでいいから表彰台上がってくれ。

  4. 99 より:

    レクオナも言ってたけど
    必要以上に効くスリップストリームは
    何か対策が必要なんじゃないですかね?
    ザルコとモルビデリのアクシデントも
    スリップが原因でしたよね

  5. maxtu より:

    本人はスリップストリームが原因の一つと言ってるけど、他のライダーからは大きくラインを変えたのが危ないと言ってた気もするけどねぇ

    押し掛けスタイルから今のスタイルになって、ホールショットデバイスが開発された今後は新しい方式も検討が必要なのかもね

  6. バリー#7 より:

    リンス、チクっと一言皮肉っぽい事言ってたね

  7. motoGP大好き より:

    ちゃんと謝罪して潔し。

    しかし本人の肩に水が溜まるって大丈夫かいな?

    膝を強打して水が溜まるのは良く聞くが肩も
    あるのか。

    少し気がかりです。

  8. にっく より:

    自主的に出走を辞退することは出来るけどね。

    僕は間違ってないけど100%僕のミス

    つまり意図的にミスをしたって意味か?

  9. 元草レーサー より:

    大きくラインが変わったのは、コーナーに入るブレーキングなので、車体が傾いた状態でロックしてラインが1本、2本ずれて飛んでいったか、もしくは咄嗟に、もろに突っ込まないよう避けようとしたのかと思います。
    前車のスリップに入ったためとのことですが、コースによっては、スタートからの1コーナーでブレーキングが難しい速度域に達しているということでしょうか。

  10. レイニーさん より:

    ウイングレットは辞めた方が良いと思うなぁ

    実車に過剰なやつを付けることなんて無いんだし、二輪じゃ危険すぎる・・・

  11. SRX より:

    公式の謝罪動画みたけどリンスとバニャイアはカメラ入って受け入れざるを得ない状況で中上選手の体調を気遣えるのはプロだなあと感じました。

    厳しい意見かも知れないですがスリップと乱気流は計算しないといけないと思うので100%自分が悪いと言うならば「ブレーキング地点は間違ってない」発言はNGと感じました。
    後半戦は他のライダーからmotoGPに相応しいと認めてもらえるようになれば応援させてもらっている立場としても誇らしくなるかと考えます。

  12. すぱおー より:

    ここからは汚名返上。頑張ってほしいですね。そしてHONDA機にどうにか来年への布石を見つけさせてほしいですね

  13. john より:

    「ブレーキング地点は間違えてないんですが、あいにく、あの瞬間はペッコ(バニャイア)のスリップストリームに入ってしまい…想定外のことで、マシンを上手く止められず、もうどうにもできなかったんです。
    酷い転倒事故になってしまい…アレックス(リンス)とペッコにそう説明したところ、分かってくれて…握手してくれました。」

    前に何台も走っているのにスリップに入ることが想定外だったとは。
    言い訳にちょっと無理があると思うが

    分かってくれて、というより謝りに来たら受け入れるしかないよね、大人なんだから…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP