MotoGP

アレックス・マルケス:ドゥカティとではなくグレジーニと直接交渉中

『アレックス・マルケス:ドゥカティとではなくグレジーニと直接交渉中』

★ドゥカティは2023年に向け、ジャック・ミラー後任としてファクトリーチームに、エネア・バスティアニーニ(ドゥカティグレジーニ)かホルヘ・マルティン(ドゥカティプラマック)のどちらかを昇格させようと検討中であり、8月末に決定する予定である。

★プラマックチームのヨハン・ザルコはドゥカティとの契約更改がほぼ確定しており、2023年版ファクトリー機が提供されることは決定しているが、その他詳細について交渉中である。

★バスティアニーニ選手がグレジーニチームから離脱することはほぼ確定しており、その後任として、当初、ラウル・フェルナンデス(KTMテック3)が候補に上がっていたが、現在はアレックス・マルケス(ホンダLCR)の可能性が高まっている。

★マルケス選手はドゥカティではなくグレジーニチームと直接交渉しており、合意に達した場合は同チームが契約金を支払うこととなる。
なお、同選手の個人スポンサーである『Estrella Galicia』が、2023年に向けてグレジーニチームのメインスポンサーとなる可能性が浮上している。

★先日、ホンダのアルベルト・プーチ氏(チームマネージャー)が次のように話した。

【6月初めに上腕骨の手術を受け、現在、リハビリ中のマルク・マルケスについては?】
「可能ならば、マルクが秋のテスト(※9月ミザノ)か最終戦後のテストに参加できれば、エンジニアにとっては方向性を理解する大きな鍵になるでしょうね。」

【ポル・エスパルガロ後任については?】
「各種オプションについて検討中です。シーズン初めから、決定には時間がかかると言ってますから。
ジョアン・ミールには大きな可能性があるでしょうね。また、LCRチームの選手決定に関し、うちは支持していきますよ。」

【LCRチームへのアイ・オグラ(モト2)の加入については?】
「モト2選手に関しては、いまだチャンピオンシップが進行中なため議題に上がってきていません。
オグラが好リザルトを獲得した場合は、おそらく、日本側で議題に上げられることになるでしょうね。」

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse si moto』)
(Photo:Instagram

マルク・マルケスの骨はかなりずれていた…って話は、note『2022 カタルーニャGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥2,200
(2022/08/15 06:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. すぱおー より:

    これでオリヴェイラがテック3かRNFのどちらかになったらしいですがオリヴェイラが年齢で迷われたって話聞きましたがアレックスと1歳違いですし、やはり勝利よりチャンピオン取ってるのって重要なのかもしれないし将来マルク来るかもって可能性も少し確保できるからいいですよね
    レミーだけSBKいきなんですかね…

  2. HONDA頑張れ! より:

    アレックスがドゥカティのマシンに乗るとしたら毎年行っているAllianzの子供達のバイク合宿の指導はどうなってしまうのだろう?
    マルケス兄はケガでバイクに乗れない年もあったけれど、アレックスもHONDAのバイクに乗って毎年指導して来たので来年以降も2人で合宿の指導が出来るのだろうか?
    毎年、更新時期は嫌な気分になります。
    ダニがヤマハと契約したと噂された時からガッカリ度が半端ないです。。

  3. マックス より:

    誰が乗っても速いドゥカティにアレックスが乗ったら・・・。
    楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP