MotoGP

2022オーストラリアGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

『2022オーストラリアGP モトGP FP1リザルト&トピックス』

★10月14日(金)、オーストラリアGP モトGPクラスのFP1が行われた。

★雨のはずが快晴。ただし、濡れている路面が部分的にあるため、超速走行は不可能。セッション終盤は新タイヤでプッシュ派と、FP2まで待つ派に分かれていた。

★コース上を飛び跳ねて横断するワラビーに遭遇しつつも、上手く避けていた選手が何名かいた。


★ドゥカティ

首位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック、1’30″368)。
チームメイトのホルヘ・マルティンは13位。

2位ジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー、+0.091)。ホームレース。新婚ほやほや。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは8位(愛称は『ペッコ』)。最初から最後まで同じタイヤで作業。ペースは良好。

6位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ、愛称は『ベスティア』)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは9位(ルーキー、愛称は『ディッジャ』)。

10位マルコ・ベッツェッキ(ドゥカティVR46、ルーキー、愛称は『ベス』)。
チームメイトのルーカ・マリーニは22位(ロッシ異父弟、愛称は『マロ』)。

※これまでドゥカティ機は同トラックが鬼門だったが、今回はトップ10内に6台入った。

★ホンダ

3位アレックス・マルケス(ホンダLCR、+0.125)。
チームメイトのテツタ・ナガシマは24位(最下位)。タカアキ・ナカガミ代役。

7位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。テールカウルにドゥカティ風ウィングが付いていた。終盤のタイムアタック開始前は首位だった。
チームメイトのポル・エスパルガロは11位。終盤のタイムアタック開始前は2位だった。

★スズキ

4位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは15位。復帰戦。

★アプリリア

5位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。新タイヤでプッシュ派のわりには若干遅め。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは14位。ユーズドタイヤでの作業を続けていた。
★ヤマハ

12位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。最初から最後まで同じタイヤで作業。ペースは良好。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは19位(愛称は『フランキー、モルビド』)。

16位ダリン・ビンダー(ヤマハWithU RNF、ルーキー)。
チームメイトのカル・クラッチローは17位(テストライダー)。引退したアンドレア・ドヴィツィオーゾ後任。

★KTM

18位ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは21位。

20位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは23位(ルーキー)。

『2022 オーストラリアGP モトGP FP1リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
Arnott's(アーノッツ)
¥3,280
(2022/11/30 05:18:51時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    クアルタラロさらに短髪に。
    アレイシもモルビデリもみんなミラー信者か!?
    タイムアタックしなかったので12位だけど、調子良さそう。

    ホンダが若干元気が良いですね。マルケス効果か。
    サイドとリアに新たなドカ風空力パーツ。効果はあるか?

  2. maxtu より:

    >新婚ほやほや。

    和みました(^ω^)

  3. タディの星に願いを より:

    ダリンすごくない飛び級だよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP