MotoGP

FIM『ロッシのVR46チームは2024年、ヤマハに移るだろう』ホルヘ・ビエガス

『ヴィエガス:ロッシのVR46チームは2024年、ヤマハに移るだろう』

★2023年、ヤマハは初めてプライベートチームなしで、つまり、ファクトリーチームの2選手だけでモトGPに参戦する。

★ヤマハは2024年に向け、ヴァレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームとのプライベーター契約を希望しているが、同チームは既にドゥカティとプライベーター3年契約(2022〜2024年末まで)を結んでいる

★先日、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)の会長に再選されたホルヘ・ヴィエガス氏が、次のように話した。

「(ヤマハがファクトリーのみ参戦させる)この状況は、極めて遺憾ですね。とは言え、こうした状況も2023年末で終わるでしょう。
2024年にはヴァレンティーノ・ロッシ(のチーム)が、ドゥカティからヤマハに移るでしょうからね。今のところ、具体的な話ではなく、なんら確認は取れてませんけどね。
ただ、私の方で拡散させているところなんですよ。再来年にはドゥカティが6選手、ヤマハが4選手になってるでしょう。」

★モトGPに参戦している各メーカーはファクトリーチームの他にプライベートチームを1つを有し、計4選手を参戦させている。
しかし、ドゥカティだけがプライベートチームを3つ持っており(計8選手)、参加選手22名の3分の1以上にあたるため他メーカーから不公平を訴える声が上がっている。
なお、ドゥカティは2022年のモトGPシーズンで8選手中5名が総合9位までに入り、ライダー/コンストラクター/チーム部門すべてのタイトルを獲得した。

★最近、ドゥカティのパオロ・チャバッティ氏(スポーツディレクター)が「(4チーム体制は)中期的に見て、理想的な状況とは言えない」と話していたため、VR46チームと契約解除する可能性もあり得る。

★なお、ロッシ元選手は常に「うちのチームには戦闘力の高いマシンが必要だ」と繰り返しており、今のところ、ドゥカティから離れる意向はない。

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Twitter

バニャイアが「2006年ロッシ転倒の時、TVの前で泣いた…」って話は、note『2022 ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,200
(2023/01/29 07:46:53時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ハンス より:

    まぁ今の現状だとヤマハのサテライトなんて只の罰ゲームでしかないですからねぇ。

  2. タディの星に願いを より:

    会長にある者が、根拠のない発言していいものなのかしらね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP