MotoGP

アレックス・マルケス『あのままホンダにいるのは、死を意味していた…』

『マルケス:あのままホンダにいるのは、死を意味していた…』

★2022年のモトGPシーズンで、アレックス・マルケス(26才、ホンダLCR)が、総合17位(50ポイント)だった。ベストリザルトはポルトガル戦の7位である。

★アレックス選手は2023年に、ドゥカティグレジーニからモトGP参戦する。11月8日のヴァレンシアテストではマシン乗り換えはスムーズだったものの、タイムアタックでミスをして15位だった。

★先日、アレックス選手が伊サイト『La Gazzetta dello Sport』のインタビューで、次のように話した。

【貴方は2020年にホンダファクトリーからモトGP昇格し、翌年はホンダLCRに移され…】
「最初の年は、自分が重要な存在なんだって感じられたし、好リザルトを出すことができました。
(ホンダ側も)ホルヘ・ロレンソがいた時と同様にあらゆるマテリアルを提供してくれて…そうした諸々は、実に上手く機能していました。どんどん成長していけて、表彰台にも2回上がれたんです。
でも、ホンダLCRに移されてからは、なんだか一人ぼっちになったような…もう、僕は重要ではないんだって気持ちになったんです。
(LCR)チーム内での話じゃないですよ、ホンダにとってって意味です。チームの方とは、常に良好関係だったから。」

【2023年はドゥカティグレジーニからの参戦となるが…】
「どんなマシンなのかも分かってるし、来年2月のテストでどんな風になるか…色々と考え込んでしまって、悩む必要はないでしょうね。
期待に胸を膨らませてますよ…僕はドゥカティ機を操縦したいんで。
でも、休暇も必要なんですよね…ホンダで起きてたことのせいで、今シーズンは精神的にギリギリの状態だったんで。ここ数ヶ月は大変だったから。
新しい空気が必要だって思ってました…あのまま(ホンダに)いるのは、死を意味してたから。
(今は)やる気があるんですよ…速いマシンに乗れるわけですからね。ライダーにとっては重要でしょ。あとは、自分の右手次第で物事が進んでいくんだから。」

【ホンダでの3年間は厳しかった?】
「特に最後の年ですよね。カタール開幕戦からヴァレンシア最終戦まで、同じマシンに乗り続けるなんて容易なことじゃないから。完全に同じだったんですよ。
戦闘力の高いマシンならOKだけど、問題だらけなんだから…それで20戦こなすのは厳しいでしょ。
他の選手らは新マテリアルが提供されて、マシンは改善されていくって言うのに…単純に『そう言うものだよ』とは思えないじゃないですか。」

【貴方は、どんな待遇だったの?】
「バルセロナGPまでは、ちょっとは試すものがあったけど…でも、上手く機能はしませんでした。
その後、僕のグレジーニ移籍が公表されてからは、なにも提供してもらえなくなって…。
(ホンダ側が)作業をしてなかったからではなく、本来のホンダ流の作業をしていなかったからですよ。」

[ 後半に続く ]

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Mowmag.com』)
(参照サイト:『Automotorinews.it』)
(参照サイト:『Motorcyclesports.net』)
(Photo:Instagram

なぜ最終戦では転倒が多発していたのか?って話は、note『無料note』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. まる より:

    後悔させてやれ!
    マルケス、ミル、中上、リンス!

  2. タディの星に願いを より:

    いいじゃないですか レプソルカラーで93番と73番の映えるパッケージング出来たのですから そういうのなかなかできないじゃない ホンダさんもレプソルもそこで満足したんじゃないですかね あ、すみません

  3. わわわ より:

    誰も後悔はしないと思いますが、まぁホンダには早くまともなマシンに改善してもらいたいですね。
    マルケスがいないレースはみんな下位順位過ぎてホンダのマシンが走ってるのかすらわからない状況は悲しいものがあります。

  4. まる より:

    速くなったら後悔しますよ。
    頑張れホンダ軍団!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP