MotoGP

『5年前までダッリーニャのことが嫌いだった』ミケーレ・ピッロ

『ピッロ:5年前までダッリーニャのことが嫌いだった』

★2022年、ミケーレ・ピッロ(36才、ドゥカティ・テストライダー)が、イタリア選手権のスーパーバイク部門で6回目の総合優勝を果たした。

★同選手の二輪レースキャリアは以下のとおり。

2011年、グレジーニチームよりモト2フル参戦を開始する。当時のチームメイトはユウキ・タカハシ
同年セパン戦でグレジーニチームよりモトGP参戦していたマルコ・シモンチェッリが転倒事故で急逝した際、その後のヴァレンシア戦でみごと追悼優勝を果たした。
2012年にモトGP昇格し、最高リザルトは5位(ヴァレンシアGP)。
2013年よりドゥカティのテストライダーを務めている。

★ピッロテストライダーが、伊サイト『Gpone』の12月19日付け記事で次のように話した。

【今年、イタリア選手権で6回目のタイトルを獲得し…】
「まぁ、(ドゥカティが獲得した)他のタイトルの方が、僕のよりちょっと格が上ですからねぇ…長いこと待ち望んでたわけだし(笑)。
今シーズンは特別で緊張感も高かったけど、でも、良かったですよ。僕も嬉しいです…僕がドゥカティに入った時は、けっこう厳しい状況だったから。」

【貴方が初めて乗ったデスモセディチ(ドゥカティのモトGP機)は、どのバージョンなの?】
「2012年の…ヴァレンティーノ(ロッシ)が乗ってたマシンです。全スタッフと力を合わせ、ドゥカティ機をベストマシンにし…宿願を果たしたんですからねぇ。本当に大満足ですよ。」

【デスモセディチ機がジジ・ダッリーニャにとって愛娘なら、貴方にとっては姪っ子のような存在?】
「この間、これまでの道のりを思い返してたんですが…2015年に、初めてジジが作ったマシンに乗った時のことが蘇ってきてねぇ。
ラティーナサーキットのオーバルコースでテストをしてたんですが、面白くって、ずっと走っていたくって…何周か走った後の、ジジの顔ったらなかったですよ。
もう止まるよう指示を出してきて、『それ、セパンテストで走らせなければならないんだから…』って言ってねぇ。
思い出はたくさんあるけど、あの年は重要でしたね。」

【貴方はダッリーニャ氏と密な関係にあるが…】
「5年前までは、ジジのことが大嫌いだったんですけどねぇ(笑)。
当初、テストライダー役は1年だけのはずだったんですよ…僕としてはレースに出たかったわけで。でも、ジジから『マシンの戦闘力が上がったら、君はレースに出られるから』 って言われて…。
ストーナーがテストライダーになった時、『これで解放されるぞ!』って思ったのに、アッと言う間に辞めてしまったじゃないですか。僕のキャリアには大きく響きましたよね(笑)。
そうしたら、ジジにこう言われたんです…『普通の選手はすぐに見つかるけど、君がやってるようなテストライダー役は難しいんだよ』って。
それで、こっちも気持ちが収まってきて…でも、(レースに出たい)気持ちは常にありますけどね。
ジジには目標があり、それを達成するためにベストな人材を配備したと言うわけですよ。」

[ 後半に続く ]

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

来年のチャンピオンは誰か?って話は、note『2023 ヴァレンシアテストまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP