MotoGP

クアルタラロ『他メーカー機への乗り換えは怖くない』

『クアルタラロー:他メーカー機への乗り換えは怖くない』

★2022年シーズン、ファビオ・クアルタラロー(23才、ヤマハファクトリー)は不調マシンでもって孤軍奮闘したがタイトル防衛は叶わず、総合2位となった。

★最近、クアルタラロー選手が『Motorsport Magazin.com』のインタビューで、次のように話した。

「プレステだろうがトランプだろうが、とにかく僕は勝ちたいんですよ。そう言うのが、人生の一部になっていて…とにかく、常に戦闘モードなんです。
世間に対しては、『決して降参せず、モトGPで常に第一線にいた選手』って言う印象を残したいですね。
もっともっとレース優勝したいし、願わくば、もっとタイトルを獲得したいんです。」

【2022年のヤマハ機を乗りこなせたのは、結局、貴方だけだったが…】
「他のヤマハ選手は苦戦しているけど、でも、ヤマハM1機って、基本的には良いマシンだと思うんですよね…まぁ、加速と馬力はイマイチだけど。
僕は常に日本のエンジニア陣をせっついていて…弱点さえ克服できれば、毎回、優勝争いできる可能性はあるんだから。
でも、今はそう言う感じではないでしょ。」

【2023年、ヤマハはファクトリー選手2名だけの参戦となるが…】
「2023年に向け、ヤマハがどんな計画を立ててるかは知らないけど、でも、たとえ2選手だけだって、僕は全然問題ないですね。」

【貴方は2024年末まで、ヤマハと契約済みだが…他メーカーに乗り換えることについては、どう思う?】
「他のメーカーに移籍したら、当然、なにが待ち受けているのか…正確には分からないわけで。でも、最近はどこのマシンも、それぞれにポジティブ面があるじゃないですか。
ホンダ機だって、今年は好調な時もあったんだし…KTM機はインドネシアでオリヴェイラが優勝し、カタールではビンダーが優勝してたし。
もちろん、慣れる必要はあるけど、でも、できの悪いマシンに遭遇する可能性はほとんどないでしょ。
長所短所はあるものだけど、でも、最近はマシンの乗り換えに怯える必要はないでしょうね。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ヴァレンシアは新エンジンテストに向いていない…って話は、note『2023 ヴァレンシアテストまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥250
(2023/01/29 17:23:59時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. キャメル より:

    移籍フラグ立ちました〜

  2. 畜生アゴス より:

    まぁ、サテライトがあっても今年みたいに
    まともなレース出来てなかったら
    まともなデータなんて取れてないだろうしね。

  3. maxtu より:

    タイトル程本人はネガティブな話しじゃないよね

    日本メーカー、3強しか勝てなかった一昔前ではなく、今はどのメーカーでも勝てるようになってるから怯える必要はないのは頷ける

  4. 田中 より:

    ドカティか移籍先は。
    ただあのメーカーはロレンソで懲りて高いギャラほ出さないからなぁ。

    それかギャラ奮発してKTM??

    札束積んでホンダ???

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP