MotoGP

『マルケスがドゥカティに移籍する可能性はあるのか?』ジジ・ダッリーニャ

『ダッリーニャ:マルケスがドゥカティに移籍する可能性はあるのか?』

★ジジ・ダッリーニャ氏はアプリリアのエンジニアとして長らく働き、120/250ccクラス、SBKで成功をおさめてきた。
2013年末にドゥカティに加入し、モトGP/SBKマシン開発を手掛け、2022年シーズンでは両カテゴリーでタイトルを獲得した。

★先日、ドゥカティのジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)が、西サイト『Marca』のインタビューでマルク・マルケス(29才、ホンダファクトリー)について次のように話した。

【マルク・マルケスが完全復活したら、ドゥカティにとって大きな脅威になると思う?】
「マルケスは常に脅威ですよ。迫力のある強い走りを見せてきた選手であり、目を見張るようなライディングでしょ。イカれてでもいない限り、あの選手に脅威を感じない者はいないでしょ。
うちはマルケスに脅威を感じていないのではなく、うちにもなにかしらのタガが外れたら、マルク同様の走りができる選手がいると言いたいんですよ。」

【バニャイア選手がタイトルを取ったから、将来的にマルケス選手をドゥカティに引き入れる可能性はなくなった…?】
「人生、なにが起きるか分かりませんからね。例えば、ペッコ(バニャイア)が離脱してしまう可能性だってあるわけでしょ…。
うちとは既に2年契約を済ませているし、実に良好関係で、苦戦しても互いにカバーし合える関係だから、そうそう破局するようなことがないとは言え、それでも、人生、なにが起きるかは分かりませんからね。
例えば、うちにとって不可能な金額をホンダが提示したりしたら、もう、どうにもできないでしょ。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)
(参照サイト:『Motori.news』)
(Photo:Instagram

マルケスとホンダの間に溝ができ始めてる?って話は、note『2023 ヴァレンシアテストまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP