MotoGP

マルク・マルケス『確かにプーチは嫌われ者だけど、でも、ホンダには必要な存在だ』

『マルケス:確かにプーチは嫌われ者だけど、でも、ホンダには必要な存在だ』

★ホンダは2023年のモトGPシーズンに向けてピットボックス内の体制改革をはかり、テクニカルディレクターやチーフメカニックに関する人事異動が行われた。

★なお、一番最初に異動になると見られていたアルベルト・プーチ氏は、チームマネージャーを継続することとなった。

★プーチマネージャーと言えば、常に仏頂面で歯に衣着せぬ物言いをすることで有名だが、ホンダ内では30年前より様々な役職において第一線の任務を担い、特に2018年からは現在のチームマネージャー職に就いている。しかし、2020年にマルク・マルケスが骨折で長期欠場となり、それ以降、ホンダは低迷を続けている。

★プーチマネージャーは2020年にアレックス・マルケスをホンダファクトリーに加入させたものの、2021年にはポル・エスパルガロと交代させ、アレックス選手をホンダLCRに降格させたが、結局、両選手とも好結果を出すことはできなかった。

★以前、マルク・マルケスがプーチ氏の重要性について次のように話した。

「世間はアルベルトのことを悪く言ってるようだけど…アルベルトは不可欠な存在であり、重要な任務を行ってくれているんです。
確かに感じの良いタイプではないし、嫌ってる人も多いでしょう。なぜかと言えば、それだけストレートかつ率直で、はっきりした姿勢だからなんですよ。そう言うタイプだと、普通はあまり友達はできないものでしょ。
とにかく、アルベルトは正直だし、チームにはそう言うタイプの人間が必要なんですよ。
相手が8回タイトル獲得のチャンピオンライダーだろうが、NASAのエンジニアだろうが関係ないんだから。方向性が違ってると思えば、そう言ってくれるんです。こう言うタイプは、大きな助けになってくれるんですよ。
アルベルトがとやかく言われてるのを良く耳にするけど、とにかく、僕は彼に大満足ですから。」

(参照サイト:『Corsedimoto.com』)
(参照サイト:『Mowmag.com』)

マルケスとホンダの間に溝ができ始めてる?って話は、note『2023 ヴァレンシアテストまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. fuji より:

    >ホンダ内では30年前より様々な役職において第一線の任務を担い
    30年前は現役ライダーでは?

  2. すぱおー より:

    ホンダは中本さん居なくなったのが一番痛い

  3. ミラノマルコ より:

    ああ!!、、、。これ誰のこと言ってるんだっけw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP