MotoGP

モルビデッリがヤマハと契約更改できる可能性は…

『モルビデッリがヤマハと契約更改できる可能性は…』

★フランコ・モルビデッリ(28才、ヤマハファクトリー、VR46ライダーズアカデミー)は2020年に総合2位を獲得したが、2021年に左膝を手術し、しばらく欠場していた。
しかし、2021年中盤にマーヴェリック・ヴィニャーレスがヤマハファクトリーと契約解除となったため、急遽、その後任となり、予定を繰り上げてレース復帰したが、新マシンに慣れることができず、2022年シーズンも苦戦していた。

★モルビデッリ選手とヤマハの契約は2023年末に終了する。

★セパンテストでモルビデッリ選手は総合20位だった。また、各セッションのリザルトは以下のとおり。

初日[10位:1’59.118]
2日目[11位:1’59.289]
最終日[20位:1’58.986]

★ヤマハのリン・ジャーヴィス氏(マネージングディレクター)がセパンテスト中、『Motorsport.com』のインタビューで次のように話した。

【モルビデッリ選手がヤマハと契約更改するには、何が必要?】
「好リザルトを出すことですね…単純な話ですよ。
実に競争の激しい世界ですからね。去年、うちで好リザルトを出せたのはファビオ(クアルタラロー)だけで…現在のモトGPでは、たった1選手が活躍するだけでは駄目なんですよ。
(今年は)2選手のみなんですから、両選手とも速くないことには…。フランコがその点を証明してくれたなら、来年、うちのシートがないなんてことにはならいないでしょ。
セパンテストでは本来の速さを取り戻していたようで、嬉しいですよ。昨シーズンも、時折、そう言った兆しが見えてましたけどね。二輪レーサーとしての才能を失うことはないだろうが、ただ、方向を誤る可能性はありますからね。
この世界の仕組みははっきりしてますからね…市場を見渡し、他の選択肢を模索することも私の仕事の1つですから。それは選手にもエンジニアにも、そして、その他多くに言えることであって。
選手に関して言うならば、現在ある選択肢をきちんと分析できていると言えるでしょうね。
とは言え、現在のうちの優先順位はフランコと続けていくことであり、また上位に返り咲けるようにきちんとお膳立てしてやることですから。」

(参照サイト:『Mowmag.com』)
(Photo:Instagram

スプリントレースまとめについては、note『スプリントレース賛否両論、批判続出!!』でどうぞ!

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥31,935
(2024/07/22 19:24:44時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP