MotoGP

ザルコ『ホンダよ、別の角度からマシンを見てくれないか』

『ザルコ:ホンダよ、別の角度からマシンを見てくれないか』

★4月12〜14日、アメリカズGPが行われ、ヨハン・ザルコ(ホンダLCR)が予選19位、スプリント転倒リタイア、決勝は技術トラブルでリタイアし、総合18位となった。

★ザルコ選手が決勝戦後、次のように話した。

【決勝では第6ラップで、技術トラブルによりリタイアしたが…】
「全力で頑張ろうと思ってるし、今週末もそうしてたんですけどねぇ。
決勝ではリア側で何かが引っかかってしまったようで…走り続けることは無理だったんですよ。けっこうな振動で、危険を避けるには辞めるしかなくって…。
せめて20周回ぐらい走って、もっと情報収集したかったんだけど…無理でした。」

【マシンのパフォーマンスを上げるには…?】
「悲観的にならないことですね…物事をきちんと理解すべきだし、それができる人材は揃ってるんだから。
とは言え、多分、別な方向に目を向けるべきかもね…別の角度から見る必要があるでしょ。」

(参照サイト:『Motorcyclesports.net』)
(Photo:Instagram

created by Rinker
¥935
(2024/05/20 21:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. きゃめる より:

    んだ!スプリントの場合、ライダーに出来ることは細かなセッティングと操縦だけだし、悲観的になったらマシンの性能100%出せん。
    マシンも作り直したばっかりだし、あとはECU含めシャシー側とエンジン側の最適な調整させるまで待とう。

  2. アンクルなが より:

    推測ですが、多分開発担当者が迷いが出てますよね、昨年のマシンより悪くなってるそうですからね、昨年のマシンに戻して見たらどうですかね。

  3. UGH より:

    開発者にライダー側から、俺はこう言う走りをしたいから、ここをこうしてくれとか、意見は言えないのかな? 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP