MotoGP

2024スペインGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

『2024 スペインGP モトGP FP1リザルト&トピックス』

★4月26日(金)、スペインGP モトGPクラスのFP1が行われた。

★ミシュランのピエロ・タラマッソ氏(モータースポーツ部門責任者)が言っていた通り、新タイヤのパフォーマンスが、かなり高い。
新タイヤは高パフォーマンスが持続するよう開発されたとのこと。なお、選手らの感想では、グリップが向上し、これまでよりプッシュできるようになったと。

★今回はワイルドカードとしてダニ・ペドロサ(KTM)、ステファン・ブラドル(ホンダ)、ロレンツォ・サヴァドーリ(アプリリア)が参戦し、総勢25名となっている。

★トップ10はドゥカティ5名、アプリリア2名、KTM3名。

★タイムも上がっており、2022年のバニャイア記録(1’36.170)に迫っている。

★ドゥカティ

首位アレックス・マルケス(ドゥカティグレジーニ)。ソフトの新タイヤで1’36.630を記録。セッション序盤から速く、常に上位にいた。
チームメイトのマルク・マルケスは2位(昨年はホンダファクトリー)。セッション序盤から速かった、常に上位にいた。

5位フランコ・モルビデッリ(昨年はヤマハファクトリー、VR46ライダーズアカデミー)。いまだマシンに適応中。
チームメイトのホルヘ・マルティンは9位。金曜午前セッションで超速じゃないのは初めて。セッション大半でマシンのセッティング作業をしていた。

6位マルコ・ベッツェッキ(ドゥカティVR46、VR46ライダーズアカデミー)。最近、「ドゥカティ2023年版を乗りこなそうと思ったら、僕的には不自然な動きをしなければならない」と明かしていた。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは11位(昨年はドゥカティグレジーニ)。

12位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー、2連覇チャンピオン)。ユーズドタイヤで記録。セッション大半でマシンのセッティング作業をしていた。
チームメイトのエネア・バスティアニーニは13位。

※ドゥカティ2024年版を使用している選手(バニャイア、バスティアニーニ、マルティン、モルビデッリ)の中では、唯一、モルビデッリ選手がセッティング作業で苦戦していない模様。

※ダヴィデ・タルドッツィ氏(チームマネージャー)のコメント。
「(ファクトリーチームは)ちょっと出遅れてしまって…オースティンのセッティングで始めたところ、ここのトラックには向かなかったようなんですよ。
チャタリング問題についても作業中で…エンジニア陣は既に解決案を探り当ててはいるんですけどね。」

★アプリリア

3位マーヴェリック・ヴィニャーレス(アプリリアファクトリー)。新タイヤで記録。先のアメリカズGPはスプリント/決勝共に優勝している。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは4位。
テストライダーのロレンツォ・サヴァドーリは23位。

15位ミゲル・オリヴェイラ(アプリリアTrackhouse)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは18位。

★KTM

7位ダニ・ペドロサ(KTMファクトリー、テストライダー)。
正規選手のブラッド・ビンダーは8位。
チームメイトのジャック・ミラーは16位。

10位ペドロ・アコスタ(GASGASテック3、2023年モト2チャンピオン)。ペドロサテストライダーと一緒に走り、師弟のようだった。
チームメイトのアウグスト・フェルナンデスは20位。

★ヤマハ

14位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのアレックス・リンスは17位(昨年はホンダLCR)。

★ホンダ

19位ヨハン・ザルコ(ホンダLCR、昨年はドゥカティプラマック)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは21位。

22位ジョアン・ミール(ホンダファクトリー)。
チームメイトのルーカ・マリーニは25位(ホンダファクトリー、昨年はドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。最下位。
テストライダーのステファン・ブラドルは24位。

『2024 スペインGP モトGP FP1リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
ZANUY(ザヌイ)
¥896
(2024/06/18 01:51:43時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP