MotoGP

クアルタラロ『エンジンが変わり、マシンの個性が変わった』

『クアルタラロー:エンジンが変わり、マシンの個性が変わった』

★5月10〜12日、フランスGP(ル・マン)が行われる。

★ファビオ・クアルタラローは既にヤマハファクトリーと2年の契約更改をしているため、木曜会見では現状についてやヤマハ機の戦闘力に関する質問が多くなる。

★今回の木曜会見でのクアルタラロー選手のコメント。

【今回は貴方にとってホームレースとなるが…】
「ここはいつも特別なんですよね…滅多にないことなんですが、水曜日からお祭り状態になるトラックだから。」

【スペインGP翌日にヘレス公式テストがあったが…今回は何か新マテリアルが投入されるの?】
「いくつか投入されます…でも、絶対に期待できるとは言い難いんですが。
今回は新フレームを試します…スイングアームの方はムジェッロテストで試す予定です。」

【先日、2027年からの新レギュレーションが公表されたが…】
「下降デバイス禁止は大きいですよね…でも、それ以外に関しては、それほど大きな変化にはならないと思います。」

【ヤマハ機の現状については?】
「去年と比べ、エンジンがかなり変わったんで、マシンの個性が変わりました…コーナーやグリップに関しては以前の方が良かったです。
その辺が落ちてしまったんで、回復させないと。」

(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Instagram

created by Rinker
¥330
(2024/07/21 17:42:57時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. NSR50 より:

    あれほど渇望していたエンジンパワーが上がったら、今度はグリップとコーナーリングが落ちる・・・
    まぁよくある事だけど、なかなか難しいですなぁ。

  2. クラッチローの言う通り より:

    いやだからクラッチローが口酸っぱく言ってたやんアホか。ファビオは好きだけどアホなのがたまに傷

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP