MotoGP

一度おぼえたロッシの味は…:スタッフ達のドゥカティ移籍

ヴァレンティーノ・ロッシ選手のドゥカティ移籍に際し、例えば、さすがにダヴィデ・ブリヴィオさんなんかはついて行かないだろうと言っていたイタリア人もいました。
ヤマハで長く働いて、もう幹部クラスなんだから、いくらなんでも一選手にくっついて移籍なんかしない…と。
これを、させちゃうところが、ヴァレンティーノ・ロッシの魔力なんでしょうねぇ。

モトGP 『ヤマハの半分がロッシに付いてドゥカティ移籍』

みんな一緒にドゥカティへ。
ダヴィデ・ブリヴィオ氏のほか11名のヤマハスタッフが、ロッシ選手に共にドゥカティへと移籍する。
実際のところ、ほぼチーム全員と言っていいだろう。チーフエンジニアのジェレミー・バージェス氏からコックのミケーレ・クアレンギさん(写真2枚目)まで…。
以下のスタッフが移籍することとなる。
トラックエンジニア(マッテオ・フラミーニ)、メカニック4名(Alex Briggs、Bernard Ansiau/写真3枚目、Brent Stephens、Gary Coleman)、ロジスティクス担当2名(ロベルト・ブリヴィオ、エマヌエーレ・マッツィーニ ※同2名はニッキー・ヘイデン選手担当の予定 )、ホスピタリティ責任者2名(マックス・モンタナーリ、エマヌエーラ・サルヴェッティ/写真1枚目)。

なくてはならないスタッフ − ロッシ選手がレースの際に必要と考えたスタッフらである。もちろん、ボックスとトラック用のスタッフだけではない。
ドゥカティ・コルセのチームマネージャーであるヴィットリアーノ・グアレスキ氏が、次のように説明している。
「ロッシ選手が移籍してきたら、ロジスティクス部門を少し見直さなければなりません。一見、どうでもいいようなこと…例えば、ロッシ選手がトラックとボックス間を行き来する際の移動方法等も含めてね。」
おそらく、ヤマハもロッシ選手が移籍して来た際、極端なまで有能なマシンの製造に取りかかりつつ、経験してきた道程だろう。つまり、当然のごとくイタリア人のスタッフチームが9回もの総合優勝を果すめたに助けになってきたわけだ。

技術面以外での強化 − また、オートバイ世界選手権のプロジェクト責任者であるアレッサンドロ・チコニャーニ氏が、次のように話している。
「我々としては技術面もさることながら、それ以外の面すべてにおいて強化を施したかったのです。日々、いかなる瞬間も快適に、機能的に運ぶようにね。既にある組織を統合させる必要を感じていたら、ロッシ選手の方から“信頼できるスタッフらがヤマハを辞めても良いと言っている”と言ってきたんですよ。我々にとっては良い機会でしたから、すぐに、そのロッシ選手のリズムを100%熟知しているスタッフらをドゥカティに移したわけです。2010年に比べ、来年はもっとどっさり特色が出てきますよ。全スタッフとも、もう何年も前からロッシ選手の元で働いて、リズムを共有し、時間の無駄なく動いている人達です。それはつまりキッチンやホスピタリティー・エリアを遅くまで使用し、全員がロッシ選手の魔力…そばに居る者すべてが巻き込まれ、やりがいを感じてしまうロッシ魔力の虜になっていると言うことなんですが。」

ヤマハに19年間籍を置いてきたダヴィデ・ブリヴィオ氏もまた、今回、ロッシ選手と共に移籍する。ドゥカティでの担当はいまだ未定。そのブリヴィオ氏が次のようにコメントしている。
「エンジニアのジェレミー・バージェス氏が言ってるように、ヴァレンティーノのような、一生に一度会えるか会えないかと言うような人間に出会えたなら、幸運ですよ。彼と一緒に働いた後、他の選手に付くのは難しいですよね。強いってこと以外に、ロッシ選手が持ってるカリスマ性、魅力、インテリジェンス等…いかなる瞬間をもドキドキワクワクさせる力があるのですから。」

新たなる挑戦 − 57才のジェレミー・バージェス氏(写真4枚目)が、躊躇もせずに新たな挑戦に立ち向かってゆく理由は、それなのだ。バージェス氏にとってはゼロからのスタートとなる。なぜならドゥカティとヤマハの相違点は非常に多く、これまで常に日本企業のマシンを取扱ってきたのだから。つまりは、懸命の努力が必要とされるだろう…とアレックス・ブリッグス氏が言う。
ヴァレンシアでロッシ選手がドゥカティ機での走行テストを行なった後、ブリッグス氏は自身のフェイスブックに次のように書き込んでいた。
《これまでの人生、こんなに働いたことはなかった。》
他ならぬロッシのためなのだから。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gazzetta dello Sport 2010年12月03日





これで『ロッシの心の友』こと
ウッチョさんがヤマハに残ったら…
それこそビックリですよね。
まぁ、記事に書く必要もないぐらい
当然、いつも一緒なんでしょうが。

まったく関係ないんですが…
豪雪のイタリア、咳が止まらない管理人に激励クリックPrego

人気ブログランキングへ


イタたわGP関連記事
ドゥカティ総動員でロッシに尽くします:フィリッポ・プレツィオージ
ロッシについて行く理由:ジェレミー・バージェス
ロッシ以下の選手とは大変:ジェレミー・バージェス
ロッシ、移籍について激白:バレンティーノ・ロッシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP