MotoGP

L.カダローラ:今年ロッシは優勝しない方がいい

モトGP『カダローラ:2011年ロッシは優勝しない方が良い』




ヴァレンティーノは、あまりに重いプレッシャーをすぐに負わない方が良い

ルーカ・カダローラは、ヴァレンティーノ・ロッシのことを途方もないライダーだと見なしている。
オートバイ史上、唯一無二のことを成し遂げた選手なのだと。
しかし、優勝するならば2012年の方が良いと確信もしている。
明日発売の『Riders Italian Magazine』誌でのインタビューで、こう答えているのだ。
「彼のために言ってるんですよ。あまりに重いプレッシャーをすぐに負わない方が良い。ドゥカティに移籍した初シーズンなんだからね。やらねばならないことが、どっさりあるだろう。現在のデスモセディチは、ロッシ向けのそれとはかなりかけ離れた組立て方がされていて、それを正反対にしなければならないんだから。彼にはできるだろうけれど、時間は要るでしょ。」

また、カダローラ氏は特に次のように述べている。
「ヴァレのマシンはいつだって正反対のタイプだった。幅があって、より進んだエンジンに、リアクションが超素晴らしくて、ギリギリの過激タイプ、デリケートな…時にはデリケート過ぎるセッティングのものだったんだ。まぁ、彼の好みがこうだからね。それに乗って、飛ばすわけだ。
彼と言うライダーと、何年もの間、彼に追随してきた技術スタッフらが、ドゥカティを変身させるための経験を有しているのだと…ロッシの歴史は物語っているよ。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:MotoSprint 2011年03月04日



ルーカ・カダローラと言えば、
当ブログでも『才能を無駄に散らせた最強ライダー』で
ご紹介したことがありますが。
当時を知るイタリア人によれば
アメリカ人ライダーが台頭する中で
孤軍奮闘していた姿は素晴らしかったと。

…と言うわけで、2012年ロッシ優勝祈願クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP