MotoGP

東北地方太平洋沖地震:茂木GP開催は望みうす

モトGP『モトGP茂木開催は望みうす』




今年のオートバイ世界選手権の日本開催が、完全に中止される危険性が出てきている。
日本を襲った未曾有の大震災により、当初は4月24日から10月2日に延期されたものの、大会自体が中止になるかもしれないのだ。理由は今なお続く放射能危機によるもの。このため同大会を主催しているドルナ社とFIM(国際モーターサイクリズム連盟)ではトルコ開催に変更し、イスタンブールのサーキットを整備して使うことを検討している。

一方、ホンダを筆頭とする日本チームでは、地元での大会開催がデリケートな状況にある中、今季のレースに参戦してゆくにあたっては支障ないと発表している。

今回の地震で茂木サーキットが受けた被害は10月までに修復可能とされているものの、今なお危険が続く福島原発から数十キロの距離に位置しているのだ。
そのため大会主催者側では日本遠征を取りやめ、トルコでの開催について真剣に検討している。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Sport MEDIASET 2011年04月05日





今回の記事はNaoki Sugiyamaさんの
リクエストを受けてご紹介しました。
貴重な情報、ありがとうございますね!


一刻も早く事態が治まるよう…祈願クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP