MotoGP

ストーナー、重量規制問題:ペドロサがお気の毒で…

モトGP『重量規制問題:ストーナーはペドロサに賛成』




モトGPクラスに『マシン+ライダー重量』の下限規制を導入しようと言う案に対し、ダニ・ペドロサ選手が反旗を翻している。
別記事ですでに紹介した通り、ペドロサ選手は軽量級ライダーの利点・難点をしっかりと見極めており、例えば、操舵面は軽量級にとって不利となることを挙げていた。
ペドロサ選手とマルコ・シモンチェッリ選手の体重差は21kg。
そのシモンチェッリ選手とヴァレンティーノ・ロッシ選手が重量下限規制を提案しているのに対し、現在、ケーシー・ストーナー選手がペドロサ選手の援護に回っている。

ストーナー選手のコメントは次のとおり。
「僕としては、これは非常に興味深いテーマだと思いますし、多くの皆さんの考えは妥当なものでしょう。ただ、正直に言うなら、こう言う立場にあるダニが気の毒ですね。何に対しても賛否両論はあるでしょ。ダニの体格がまったく有利に働かず、もっと大きな選手らが得をしていると言う状況もありますよね。
2ストローク時代に比べたら現在は馬力もかなりあるし、当時は誰もこんな風に文句は言わなかった。現在は、当時に比べて不平不満を言う選手もいますね。たとえ以前より馬力があって、トラクションをつけるのに問題が多いにしてもね。これは最も重要な局面じゃないかと思います。重量のある選手は、もっと簡単にトラクションをつけられるようにすべきでね。電子制御やトラクション・コントロールがが導入された新時代は多くの議論がなされたし、色々なことについてあらゆる所から理由を引っ張り出してくるものですよね。何にでも賛否両論はあるんです。ダニの体格では方向転換の際、非常に困難だし、同様に重量のある選手は直線コースや、多分、コーナー出口が困難でしょ。でも、重量級選手のマシンの方が安定感はあるんですよ。
この点に関しては常に議論が出てくるでしょうね。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motograndprix 2011年04月22日




これはやはり、ロッシの敵にまわりたい…
と言う意味なんでしょうか。

だから、トラクションをなんとかしようよ…クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP