MotoGP

ペドロサ、アッセン目指すが無理なら青山代役:レプソル公式サイト

モトGP『ストーナー&ドヴィツィオーゾ:熱気満々アッセン入り』

ダニ・ペドロサ選手は最後の瞬間までアッセンGP参戦を目指し、リハビリに急ぐ予定。現在のところ、ムジェッロ復帰が最も有望。

別名コンチネンタルサーカスことロードレース世界選手権が1年振りにオランダへと帰ってきた。恒例により決勝は今回のみ土曜日に開催されることとなる。
シルバーストーン戦では1、2位を独占したストーナー・ドヴィツィオーゾ両選手が、絶好調の中、この特別なレースへと挑むのだ。

ダニ・ペドロサ選手も日に日に回復に向かってはいるが、万全を期すべくアッセン戦への出場は見合わせる予定ではいる。最終的にペドロサ選手の出場が叶わない場合、青山博一選手が代役を務めることとなる。
現在、ペドロサ選手はリハビリに励んでおり、7月3日ムジェッロGPには復帰できる予定。

新たにポイントリーダーとなったケーシー・ストーナー選手は、6戦4勝と言う好成績を保ち、総合2位との18ポイント差を更に引き離す意気込みでオランダへと向かう。
また、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手の方は、総合3位にまで上がってきたここ最近の安定振りを保つ意向だ。

モト2クラスでは、先週、ムジェッロサーキットでのテストで手応えあるタイムを出したマルク・マルケス選手が、自信を持ってアッセンへと向かう。ル・マンやカタルーニャでの好リザルトを目指し、昨年は125ccクラスで1位を獲得したサーキットへと戻るのだ。

アンドレア・ドヴィツィオーゾのコメント
「シルバーストーン戦での表彰台の後ですから、アッセンで走るのが楽しみでたまりません。以前のコースは気に入ってたんですが、修復されてからはちょっと本格的な感じが失せましたね。
今、うちのチームは調子が良いんで、今週末も皆、強い走りができると思いますよ。」

ケーシー・ストーナーのコメント
「シルバーストーンのレースは厳しかったけど、3連勝を刻めたし、世界選手権でポイントリーダーになるって言うのは感慨深いです。ああ言う日々の後で、小休憩を取るのは良いもんですね。アッセンへ行くのが楽しみでたまりません。良いサーキットだね。前半は可もなく不可もなくって感じのスローパートなんですが、後半は凄く面白いんですよ。多分、今シーズン、これまでに走ってきたコース同様、RC212V機は調子良く走るでしょうね。セッティングが上手くゆくよう努力し、新たな勝利を目指してゆきます。ただ、ここからは毎レース、最善を尽くしていなかければね。」

マルク・マルケスのコメント
「意欲満々でオランダへ向かいます。シルバーストーンではPPを獲得したので、マシンの調子が良いことも、トップグループで走っていられることは分かりましたから。天気が非常に変わりやすい大会になりますが、3日間をフルに使えるよう雨にならないことを祈っています。」

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事Repsol 2011年06月20日 )




さ、最後の最後まで引っ張りますね〜。

う〜ん、レプソル青山も見たいぞ!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP