MotoGP

N.ヘイデン:ロッシの方が速かったんじゃない…闘士なんだ

モトGP『ヘイデン:ロッシは転倒しかねなかった』




目標は少なくともチームメイトの前を行くことだったのだ。
しかし、無理だった。だってチームメイトと言うのは、あのヴァレンティーノ・ロッシなのだから。

ニッキー・ヘイデンのコメント
ここのレースでは過去に2回優勝してるんで、7位じゃ大喜びしようとは思わないですね。
厳しいレースになることは分かってたんですよ。予選で転倒もしてますしね。スタートはまぁまぁだったんですが、第2グループに付いて行きたいって思ってたのが、できなくってね。ザクセンリンク的なレースでしたよ。つまり、ヴァレンティーノと良い競り合いができて。ただ、30秒差は大きかったな。ヴァレの方が速かったってわけじゃない。闘士なんですよ。これっぽっちのミスも冒さない。髪の毛一筋でさえね。パスできそうなチャンスが2回あったんですが、僕は目をつぶって一か八か突っ込んで行くタイプじゃないし、6位を取るために二人共転倒したんじゃ…ね。ヴァレンティーノが手を抜いてるなんて思う奴がいるなら、それはイカレタ奴ですよ。ヴァレの足がフットレストからずり落ちるのを2回見ました。転倒しかねなかったんですよ。
これから2週間の休暇を取って、それからブルノ戦です。僕はチームのことも、ドゥカティのことも信じてるし、とにかく良いシーズンを送れると思ってますよ。」




(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年07月25日





ロッシはロッシでGP11と11.1機に
あまり差がないことに不満を抱いてるようですが…


早く二人とも同じマシンに乗ってみて…クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP