MotoGP

茂木GP:茂木は大丈夫。でも水戸は?

モトGP『茂木のリスクは取るに足らない』




《放射線による危険は取るに足らないレベル》
茂木サーキット(今年10月に日本GP開催予定)の現況について、報告結果を要約すると上記のようになる。
日本で起きたあの大震災により福島原子力発電所事故が発生し、今回、エミリア・ロマーニャ州のARPA社が茂木サーキット・観客席・サーキット内ホテルについて、11ページに渡る分析レポートを作成、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)によりそれが公開された。

同レポートの最後に次のような結論が述べられている。
《推定線量値によれば、グランプリ開催期間中の被ばくリスクは取るに足らないものと言える。》
これより10月2日の茂木GP開催に関し国際連盟からはGOサインが出されたわけだが、ただ、ARPA社の報告はあくまでも茂木界隈のみで、水戸界隈(レース開催中、関係者ほとんどが宿泊する地域)については触れられていない。

水戸から茂木まで約50km。水戸界隈の放射線レベルは異なる可能性があるのだが、ARPA社からのレポートでは触れられていないのだ。
ARPA社では、同レポートの依頼主であるドルナ社の助言を受け、グランプリ開催関係者の大多数はサーキット内ホテルに宿泊できるものと想定している。

今回のレポートが公開され、今度は選手らが発言する番となるわけだ。ドイツGPで行なわれたセーフティー委員会では、すでに日本遠征反対が強く唱えられている。反対を特に強く主張しているのはホルヘ・ロレンソ、ケーシー・ストーナー両選手だ。またヴァレンティーノ・ロッシ選手も、茂木遠征に参加しない場合もあるとしている。モト2および125ccクラスの選手らも同様で、サーキットからわずか180kmの距離にある福島原発から漏れ出る放射線被ばくの可能性を憂慮しているのだ。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Mediaset.it 2011年07月25日




ずるずると決定を先延ばしにしても
総合順位の結果によっては10月間近になって
「よし、俺、行っても良いよ!」って選手が
ぞくぞく出てきたりするんでしょうかね…

本当に青山&ワイルドカード16名でも良いかも…クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. もも姐 より:

    放射線レベルも気になるんでしょうが、余震についてはどうなんでしょうね?

    水戸は毎日揺れてますよ。
    正直就寝中はもう揺れないでほしい。。。zzz

  2. tm より:

    時間かけて調べた場所は
    ツインリンク茂木だけ!抜けてる・・・。

    レース中に余震がきたらどうするのかね。

    関係者は宇都宮と水戸に分散して宿泊するし
    今や外部だけでなく呼吸や食品からの内部
    被ばくも問題なのに。

    茂木は開催中、放射性セシウム入りの
    食べ物を選手に食わす気か?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP