MotoGP

茂木GP問題、ヤマハ沈黙を破る

モトGP『ヤマハ:ロレンソ&スピースの茂木参戦を期待する』




ヤマハが長い沈黙を破り、10月2日に開催される茂木GPについての見解を語った。
今年3月11日に日本を襲った大震災の影響で福島原子力発電所からの放射能汚染が懸念されていたが、最終的にレース開催はドルナ社およびFIMにより決定されている。

ヤマハのチームマネージャーであるリーン・ジャービス氏によれば、同社では専属ワークスライダーのホルヘ・ロレンソ、ベン・スピース両選手、またサテライトチームTech3のコーリン・エドワーズ、カル・クラッチロー両選手らの茂木GP参戦を期待しているとのこと。
ジャービス氏のコメントは次のとおり。
「現地レポートの公開やFIMおよびドルナ社からのレース開催決定を受け、ヤマハとしては参戦の姿勢でおり、当ワークス選手(ロレンソ・スピース)両名が遠征に参加することを期待してます。また、Tech3ではブルノGP中に参戦を表明しておりますが、同チームの両選手にも同様に期待してます。
また、欠場した場合の罰則については、全選手が参戦してくれることと思ってますので、特に話し合ってはいません。各選手には開催レース全てに参戦しなければならない義務があります。ケガや病気などの理由でやむなく欠場する場合はありますが、それ以外の理由で当社の選手らが欠場することはあり得ないでしょう。茂木GPには選手両名と共に参戦すると言うのが、当方の意向であります。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motograndprix 2011年08月24日


なかなか日本風な説得の仕方ですかね…
おや、もしやスピース選手の謎の腕のしびれは…無言の圧力からくるストレス?

京大の小出先生にぜひ見解をお伺いしたい!!クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP