MotoGP

R.ウィライロー棄権:さよなら豪GP

モト2『ラタパー・ウィライロー:豪GP欠場』




今季16回目となるグランプリ、フィリップアイランドGPにラタパー・ウィライロー選手は欠場することとなった。フリープラクティス第1セッション中、マルク・マルケス選手に追突されたことが原因。
この事故でマルケス選手はペナルティーを受けており、決勝レースでは最後尾からのスタートとなる。

ウィライロー選手はメルボルンにあるアルフレッド病院で検査を受けた結果、骨折はしていないものの頸部、左足の足首・膝などを強打しており、今回のレースを棄権することとした。

同選手は意識もはっきりしており次のようにコメントしている。
「何が起きたのか覚えてません。覚えているのはフリープラクティスが終わって、自分の最高ラップが1分35秒829だったことを確認し、チェッカーフラグを見るのに減速…その後、左コーナーに入った時、マシン後部にもの凄い衝撃を感じました。そうしたら体が中に放り出されてしまって(下記写真が事故が起きた際のもの)。
調子も悪くなかったから残念です。フィリップアイランドよ、さようなら…マレーシアでは元に戻ってますように…ってところでしょうか。」



(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motograndprix 2011年10月14日 写真


ウィライロー選手、今年始めも一般道路での交通事故で大ケガから復帰したと言うのに…

ウィライロー選手に、回復祈願クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP