MotoGP

青山博一『WSBのことは良く知らないけど頑張ります』

モトGP『青山博一:2012年はWSB』




ホンダ・モーター・ヨーロッパおよびTen Kate Racingチームより、2012年WSBのセカンドライダーを青山博一(29才)に決定したと発表された。

青山選手は現在、サン・カルロ・ホンダ・グレジーニよりモトGPクラスに参戦しており(RC212V機にて総合10位をマークしている)、250cc時代には1位を9回、表彰台を18回獲得している。

また、2010年に現在のモト2クラスに変わる前の、最後の250ccチャンピオンである。

日本の千葉県出身、5歳の時にミニモトテースを始め、その後、125cc、250cc(2003年に日本チャンピオンを獲得)へと昇格していった。

青山選手のコメント
「この2年間、モトGPクラスに参戦したことは、本当に貴重な経験となりました。現在、ホンダやTen Kate RacingチームからWSB参戦のチャンスをいただき、新たなチャレンジに向けワクワクしてます。スーパーバイクのことはあまり知らないんですが、新チームの皆さんと一緒に良い仕事をしてゆきたいと心から思ってます。」

また、Ten Kate Racingチームでもジョナサン・レア選手の新チームメイトとなる青山選手のことを大変楽しみにしているようで、ロナルド・テン・ケイト氏が次のように話している。
「青山選手が来てくれるって言うんで、皆、興奮してますよ。2012年のWSBを必ずや沸かせてくれるでしょうからね。なかなか若いライダーで、この2年間、モトGPで速さを証明してきた選手が来るんですからね。中身の濃い冬期テストをして、ヒロシが速攻で新Firebladeに慣れてくれることを期待してます。」

青山選手のWSB入りについては、ホンダの『恩恵』があったことがカルロ・フィオラーニ氏(ホンダ・モーター・ヨーロッパのスーパーバイク・レーシングマネージャー)の発言から伺える。
「もちろん、来季のWSBに向け、当チームに青山選手を迎えられ大変に満足しています。ホンダファミリーの中で成長し、各クラスで豊富な経験を積んできた選手です。2012年のCBR1000RR Fireblade開発に、新レア・青山両選手が最高のペアになることは間違いありません。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年10月15日


あぁ、これで来年はWSB記事もがっちり追いかけなくては…

青山選手の残り3戦と来季の挑戦に向け、大・大・大激励エール!!クリックPrego
人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. ぴゅらす より:

    いつも貴重な情報有難うございます。

    最高峰から日本人が居なくなりそうなのはとても悲しいですが、
    CRTで後方を走るより、SBKで活躍してくれる方が良いですね。

    来期は芳賀選手と共にチャンピオン争して欲しい。
    SBKの記事、期待してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP