MotoGP

ヤマハがスピースに期待!1000ccはロレンソより適正あり!!

モトGP『1000cc移行でベン・スピースが大助かり?』




今シーズン、ベン・スピース選手(アメリカ出身)に対しヤマハが大いに期待している。スーパーバイク世界選手権チャンピオンで、2012年の呼び声も高く、そのうえ1000cc機への移行に助けられるのではないかと。
確かにフィジカル面では1000cc機に向いているようには見える。実を言えば、800cc機と言うのはコーナー走行に強いマシンなので(例えば、ロレンソ選手などに向く)、1000ccの方がスピース選手のライディングには適しているようなのだ。

2011年の勝利は唯一アッセン戦のみで、ヴァレンシア最終戦ではゴール寸前に僅か0.015秒の差でストーナー選手にしてやられてしまった。
ヤマハのボスことリン・ジャービス氏がMCNのインタビューで次のように語っている。

「アッセン戦での勝利を抜かせば、ベン(スピース)ののリザルトは残念なものだったし、本人も決して満足しておらず、がっかりしているのは確かでしょ。2012年には1勝以上の結果を期待してます、絶対にね。我々は競争世界に生き、勝つためにここに居るんですから、強いライダーが2人欲しいんですよ。2013年に向けてもね。」

また、マッシモ・メレガッリ氏(スピース選手のチームマネージャー)は、1000cc機への移行がスピース選手の助けになるものと確信しており、次のように話している。
「おそらく、今回の移行はベンにとって大いに助けになってくれることでしょう。彼のスタイルは大排気量向きだし、それはブルノでの初乗りでも証明されていたし…
体調面でベストの状態ではなかったのにね。 ミザノでも非常に速かったし、もしかしたら1000ccでのパフォーマンスは800の時より良いんじゃないかなぁ。彼のライディングスタイルにかなり向いてますから。(ベンは)いつも、かなり強いブレーキングで、できるだけ早くアクセルを開くのが好みなんですよ。1000cc機の方がコーナーでのスピードは出ないだろうから、だったら、ホルヘ(ロレンソ)のスタイルに比べて今までのように不利じゃなくなるでしょう。ロレンソ選手はコーナーでも全速力で、完全に800cc向きですから。800cc機と言うのは250ccから上がってきた選手に有利なマシンであって、それがロレンソ選手の強味の1つでもありますよね。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motograndprix 2012年01月27日



えっ、じゃ、1000になってロレンソの調子が落ちる可能性もあるの?



モトGPで活躍するスピース選手も見てみたいぞ!クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP